外交

スリランカが脱中国化! 国際空港整備、日本の大成建設が受注! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

スリランカ政府は、旧首都で最大都市のコロンボに近く、スリランカの主要空港であるバンダラナイケ空港の整備事業で、建設業者に日本の大成建設を選定した。

新ターミナルを建設し、年間取扱旅客数を現在の2倍の約2000万人に増やす方針だ。

なお、中国が出資し建設を担った、南東部のラージャパクサ空港は、定期便を運航する航空会社がない状態で、中国から借り入れた70億ドルが、同国経済の大きな重しになっている。

スリランカは、他にもハンバントタ港整備など、インフラ整備事業を日本から中国に切り替える方向で動いてきたが、最近は逆に中国離れを進めているようだ。

昨年は15億ドル規模の路面電車(LRT 軽量軌道交通)の整備事業で、日本の国際協力機構(JICA)が貸付契約に調印した。

インドネシアも最近は脱中国化を進めている。

スリランカやインドネシアのような国が今後ますます増えていくことを、大いに期待したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となったはAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3269423?cx_part=latest
画像はflickr.comより
https://live.staticflickr.com/7109/7567584622_2616d58021_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 外交

    文在寅政権が決めた駐米韓国大使の承認が異例の遅れ! アメリカ側はこのまま拒否か?(朝香 豊)

    韓国の次期駐米大使に内定した李秀赫議員に対して、すでに内定後5…

  2. 人権・民主主義

    香港国家安全法の危険な中身! 我々も処罰対象に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  3. 中国

    中国本土のイベントに台湾の国民党は代表団を派遣せず! 反中に動く台湾の世論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!9月…

  4. 安全保障

    突然の中国領事館閉鎖命令の背景! 中国はアンティファともつながりあり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 経済

    痛みを伴う社会制度改革などいらない 経済同友会の経済観は間違っている!

    経済同友会の桜田代表幹事は、「10年、20年先を見据え、年…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    韓国与党の放射性物質マップ、やはりデータ改竄していたことが発覚!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    核軍縮条約への参加を、中国は拒否! 中国の本質がより明確に!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝…
  4. 安全保障

    沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港デモで大学生が死亡! 香港の民主化運動は新たな局面に!(朝香 豊)
PAGE TOP