安全保障

科学情報の窃盗のほとんどに中国共産党が関与! フランスで報告書!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

フランスの大学や学術界が外国からのさまざまな干渉や影響を受けており、それらをよりしっかり食い止めなければならないという調査報告書を、フランス元老院(上院)が主導してまとめた。

フランスの科学研究部門では、毎年200件以上の科学情報の窃盗事件が発生しており、そのほとんどに中国共産党が関係しているとされる。

フランス国内治安総局(DGSI)は、同国の大学や研究機関への中国共産党の浸透に対抗するために、中国の人民解放軍との関係が深い中国の大学7校(国防7子)の監視を特に強化している。

これら7つの大学に加えて、同じく軍事的背景を持つ中国西安交通大学の問題も別途に取り上げられている。パリ科学技術院が中国西安交通大学との間で8月に締結した協力協定も情報機関の間で懸念されていると、報告書は指摘している。西安交通大学の博士課程の学生が自分のコンピュータを使ってリサーチセンターのコンピュータシステムを誤作動させたという例もあるという。

報告書によれば、フランスの大学で中国共産党の影響力が「主導的地位を占めている」とし、浸透の手段として「孔子学院」も取り上げられている。

さて、日本の大学の中には中国の国防7子と交流協定を結んでいる日本の大学は、トップレベル校を中心に45校もある。

防衛省と日本の大学との共同研究を徹底的に妨害してきた日本学術会議が、こうした中国の国防7子と日本の大学との交流協定に疑問を呈したことはない。文部科学省も近年になるまでこの問題を全く意識してこなかったし、今でもその対応には後ろ向きの姿勢が見られる。

だが、中国が日本の進んだ技術を利用して、日本に向けるミサイルを作っている疑いもある中では、あまりにも呑気ではないか。

国防における中国の脅威で言えば、日本はフランスとは比較にならないくらいに大きい。その日本の中国に対する警戒心がフランスよりも劣っているというのは、笑えない現実である。

間近に迫った衆議院議員選挙においては、国防の観点を重視する候補者を是非とも選びたいものだ。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米企業のファーウェイへの技術・製品輸出を認める! 改めて示したバイデン政権の親中ぶり!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6952

中露艦艇10隻が津軽海峡通過! 海峡法改正を選挙争点に打ち出せ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6942

大阪の自民党議員で長尾氏だけ推薦しない公明党! 疑われる公明党の親中姿勢!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6937

www.visiontimesjp.comの記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=26859
upturn-news.jpの記事
https://upturn-news.jp/post-738/
中国への技術流出の画像
https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201231-OYT1I50073-T.jpg?type=amp4x3

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    皮肉! 習近平の父親はウイグルに寛容だった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします習近平…

  2. 安全保障

    自民・中谷氏、新型肺炎の周知期間に疑問! ごもっとも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  3. 経済

    待ったなしの米債務上限問題! 民主党左派の動きで世界経済崩壊も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  4. 安全保障

    日本で改憲意識が急激に高まっている!

    日本人の意識もようやく急激に変化してきたようだ。日経新聞とテレ…

  5. 中国

    中国共産党内部で、水面下で党内対立激化か?(朝香 豊)

    中国の習近平総書記は昨年1月に演説を行い、共産党内部の反対勢力…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「不自由展」に関わる補助金取りやめで、大村知事が国を訴えるって! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    コロナ禍で子供の諸能力が大幅低下との研究発表! ロードアイランド州での調査結果!…
  3. 人権・民主主義

    中国の「臓器移植の闇」で、広東省の警官が実名で告発!(朝香 豊)
  4. 道理

    NHKの受信料、テレビなし世帯の負担も検討! 総務省!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝…
PAGE TOP