人権・民主主義

BBCの受信料廃止への動き! NHKにも影響するか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリスのBBCが受信料制度の廃止に向けていよいよ動き出したようだ。

イギリス・ジョンソン政権のドリス文化相は「今や素晴らしいイギリスのコンテンツに資金を与えて支援し、販売するための、新しい方法を議論すべき時だ」とするツイートを上げた。ドリス文化相は、BBCは存続すべきだが、ネットフリックスやアマゾン・プライムなどの動画配信大手と競合できるようになる必要があるとの立場である。

この考えはまさにその通りだろう。日本のNHKも需要のないところから無理やり受信料を徴収するのではなく、ネットフリックスやアマゾンプライムなどの有料動画配信サービスと競合して戦っていけるコンテンツを作成して勝負すべきではないのか。

ドリス文化相はまた、BBCで長年働き幹部職に上り詰める人のほとんどは同じような生まれ育ちで、特定の政治的偏向をもち、似たような話し方や考え方をする「集団思考」に陥っており、イギリス全体を代表するからには「本格的な変化」が必要だと述べていた。要するに放送内容が「リベラル派」に偏向していることを問題にしているわけだ。これまたNHKの話を聞いているような感じがする。

これに対して最大野党・労働党のルーシー・パウエル「影の文化相」は、ジョンソン政権が「(BBCの)報道内容が気に食わないからと、イギリスを代表するこの偉大な組織を、何が何でも攻撃しようとしている」と非難した。自由民主党の文化担当スポークスマン、ジェイミー・ストーン氏も「政府はイデオロギーにもとづくこの無謀な戦いをやめて、私たちのBBCに手出しするのをやめる必要がある」と述べた。「リベラル派」が大きな抵抗を示していることがわかる。

なお十分な確認は取れていないものの、ジョンソン政権は受信料を今後2年間凍結する方針との話も出ている。これが事実だとすれば、ジョンソン首相は2年前の選挙の時にはBBCの受信料撤廃を公約として掲げていたから、そのための第一ステップということだろう。

BBCは今年で創立100周年を迎えるとのことだが、100年を迎えて大きな転機も迎えることになった。NHKの受信料制度にも大きな影響を与えることになるがゆえに、この動きは注目しておきたい。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

NHKを映らないテレビでもNHKに受信料を支払え! 時代錯誤の最高裁判決!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7075

BBCをぶっ壊す! 英ジョンソン首相、受信料廃止を検討!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/1970

BBCの記事
https://www.bbc.com/japanese/60019756
BBC Newsの画像
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/62/BBC_News_2019.svg/800px-BBC_News_2019.svg.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港で、反中国派の新聞の印刷所が放火される! 動画あり! (朝香 豊)

    反中国派の新聞である大紀元時報の香港支社の印刷工場に、覆面をし…

  2. 人権・民主主義

    イランの反政府デモの鎮圧で、死者は1000名を越えた?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  3. 道理

    性善説でゴーンを逃す! 日本のあり方を問い直せ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ワル…

  4. 人権・民主主義

    河野文書の上書きで、ラムザイヤー教授や金柄憲氏を支援しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!慰安…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    まずはジョージア州からぶっ飛ばす! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    「日本はアジアで最も対策がずさん」! 日本在住の台湾人女優! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    国際調査報道ジャーナリスト連合が、中国のウイグル人弾圧の内部文書を公表! (朝香…
  4. 安全保障

    中国が武漢市に加えて新たに2市を封鎖! 武州肺炎の拡散は確実!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    国防権限法案2020について、米上下両院が合意!(朝香 豊)
PAGE TOP