人権・民主主義

BBCの受信料廃止への動き! NHKにも影響するか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリスのBBCが受信料制度の廃止に向けていよいよ動き出したようだ。

イギリス・ジョンソン政権のドリス文化相は「今や素晴らしいイギリスのコンテンツに資金を与えて支援し、販売するための、新しい方法を議論すべき時だ」とするツイートを上げた。ドリス文化相は、BBCは存続すべきだが、ネットフリックスやアマゾン・プライムなどの動画配信大手と競合できるようになる必要があるとの立場である。

この考えはまさにその通りだろう。日本のNHKも需要のないところから無理やり受信料を徴収するのではなく、ネットフリックスやアマゾンプライムなどの有料動画配信サービスと競合して戦っていけるコンテンツを作成して勝負すべきではないのか。

ドリス文化相はまた、BBCで長年働き幹部職に上り詰める人のほとんどは同じような生まれ育ちで、特定の政治的偏向をもち、似たような話し方や考え方をする「集団思考」に陥っており、イギリス全体を代表するからには「本格的な変化」が必要だと述べていた。要するに放送内容が「リベラル派」に偏向していることを問題にしているわけだ。これまたNHKの話を聞いているような感じがする。

これに対して最大野党・労働党のルーシー・パウエル「影の文化相」は、ジョンソン政権が「(BBCの)報道内容が気に食わないからと、イギリスを代表するこの偉大な組織を、何が何でも攻撃しようとしている」と非難した。自由民主党の文化担当スポークスマン、ジェイミー・ストーン氏も「政府はイデオロギーにもとづくこの無謀な戦いをやめて、私たちのBBCに手出しするのをやめる必要がある」と述べた。「リベラル派」が大きな抵抗を示していることがわかる。

なお十分な確認は取れていないものの、ジョンソン政権は受信料を今後2年間凍結する方針との話も出ている。これが事実だとすれば、ジョンソン首相は2年前の選挙の時にはBBCの受信料撤廃を公約として掲げていたから、そのための第一ステップということだろう。

BBCは今年で創立100周年を迎えるとのことだが、100年を迎えて大きな転機も迎えることになった。NHKの受信料制度にも大きな影響を与えることになるがゆえに、この動きは注目しておきたい。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

NHKを映らないテレビでもNHKに受信料を支払え! 時代錯誤の最高裁判決!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7075

BBCをぶっ壊す! 英ジョンソン首相、受信料廃止を検討!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/1970

BBCの記事
https://www.bbc.com/japanese/60019756
BBC Newsの画像
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/62/BBC_News_2019.svg/800px-BBC_News_2019.svg.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  2. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  3. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ

    アメリカは中国への攻撃の手をさらに強める❗ペンス副大統領と…

  2. 人権・民主主義

    トランプ新党できたら参加を考える! 共和党の70%!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロン…

  3. 人権・民主主義

    拉致被害者だけではない! 北朝鮮「帰国事業」の被害者も取り返せ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!小島晴…

  4. 道理

    習近平国賓来日に賛成! 総理の芽を自ら潰した石破茂! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 道理

    陰謀論に乗っかるのは慎重に! 台湾のエバーグリーン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 人権・民主主義

    香港の影響か! ロシア社会でデモ参加者を弾圧する政権批判が急速に広がる!(朝香 豊)

    モスクワ市議会選挙では、反体制派の立候補が妨害されるという事態…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    ソフトバンク、ピンチ! WeWorkはキャッシュ枯渇か?(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    韓国のチョ・グク法相の辞任の「裏」を見落とすな!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    ウイルスは10月に武漢P4実験室から漏洩か? 携帯使用記録が示唆!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    ウイルスのゲノム配列を解析・公開した中国の研究所が、閉鎖されていた!(朝香 豊)…
  5. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
PAGE TOP