人権・民主主義

トランプは当選させない! ドミニオン社の副社長が語っていた!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

私は以前のブログで、選挙投票システムの会社であるドミニオン社の副社長であるエリック・クーマー氏が、2016年にドミニオン社の選挙システムを使った場合に外部から選挙結果に介入できることを語っていたことを紹介したが、彼は今回の選挙でそれを実践したようだ。

デンバーの事業家のオルトマン氏は、今年の9月末頃に極左集団のアンティファのグループチャットに潜入した。

そこでの会話の中で、アンティファのメンバーの一人が「トランプの野郎が勝ったらどうする?」と尋ねたところ、「ドミニオンのエリック」が「選挙については心配するな。トランプが勝つことはない。そうならないように、俺は手を打った」(“Don’t worry about the election, Trump’s not gonna win. I made f*cking sure of that!”)と語ったことを明らかにした。

オルトマン氏はこの時には「ドミニオン」という会社のことは知らなかったが、最近「ドミニオン」という選挙投票システムの会社が大統領選挙の不正に関わっているのではないかという話が流れてきて、「ドミニオンのエリック」のことを思い出した。

そこで「ドミニオンのエリック」を探ったところ、エリック・クーマー氏が浮上し、エリック・クーマー氏のフェイスブックページを見たら、トランプ大統領に対するすさまじいヘイト発言が並んでいるのに驚いた。

オルトマン氏が「ドミニオンのエリック」がどんな人物であるかを示したら、ツイッターは彼のアカウントを削除した。

さらにオルトマン氏のもとには無数の殺害予告が届いているそうだ。

だが、オルトマン氏はこれに屈せず、こうした事実について宣誓供述書に署名して明らかにした。

こうした勇敢な人々が集まることで、この選挙結果がくつがえる力になるのだろう。

正義の実現のために、頑張ろう!
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のwww.indiarightnownews.comの記事
https://www.indiarightnownews.com/denver-business-owner-dominions-eric-coomer-is-an-unhinged-sociopath-his-internet-profile-is-being-deleted-and-erased-audio/
wikisoon.comからの引用画像(Eric-Coomer氏)
https://wikisoon.com/wp-content/uploads/2020/11/Eric-Coomer.jpg
assets.st-note.comからの引用画像(Antifa)
https://assets.st-note.com/production/uploads/images/27538633/rectangle_large_type_2_135c97532c90ad77370e410212e3b837.jpg?fit=bounds&format=jpeg&quality=45&width=960

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  3. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    軌道修正始めた専門家たち! コロナの爆発的事態はない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    アメリカ保守派が中国に対して20兆ドルの損害賠償を請求! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 人権・民主主義

    武漢の病院の様子を撮影! 遺体がどんどん運び出される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 人権・民主主義

    「慰安婦は売春の一種」と述べた延世大学の柳教授の講座は停止扱いに! (朝香 豊)

    韓国の延世大学の柳錫春教授は、「売春は古い産業であり、多くの国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
  2. 経済

    ふざけた月例経済報告! 全く信用ならない!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国各地で封鎖処置が強化!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    韓国の統一外交安保特別補佐官が、従来アメリカが果たしてきた役割を中国に期待すると…
  5. 外交

    アメリカに感謝して「トランプ湖」と命名か? コソボとセルビアの国境の湖!(朝香 …
PAGE TOP