人権・民主主義

記者6人が警察の暴力に抗議したことに対抗して、香港警察が記者会見を中止!(朝香 豊)

香港メディアの記者6人は、香港警察の暴力に対して抗議の意思を示すために、「査」「警」「暴」「止」「警」「謊」の6つの文字を付けたヘルメットをかぶって、記者会見場に現れた。この6文字をつなげると、「査警暴」(警察の暴力を調査せよ)、「止警謊」(警察の虚言を停止せよ)という意味になる。

香港警察は記者たちにヘルメットを外すよう要求したが、拒否された。この結果として、記者会見は中止された。

香港ではメディア関係者への暴力がひどい状態になっている。

カメラマンが警察の暴力の様子を接近して撮影すると、警察によって地面に押し倒され、公務執行妨害の罪で拘束されたりする。記者に向かって催涙スプレーをかけ、暴行するなどもよくある。

不審な「自殺」が多発していることから、拘束された記者の中には自分のシャツをまくりあげて、「今、体には傷はない。拘束されても絶対、自殺しない」と訴える者もいる。

そしてこういう話は、日本のマスコミで報道されることはない。

悲しい現実だ。

これの元ネタとなる大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/48777.html
トップ画像も同記事からhttps://img.epochtimes.jp/i/2019/11/05/t_h0obq2yy4bterovxej7f.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    トランプ弾劾へ! 広がる魔女裁判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    朝日新聞系のwithnewsが「日本死ね!」の称賛記事を掲載! 事実に基づかない…
  2. 経済

    有機EL 世界初の新技術生産ラインを日本に整備!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「斬首競演大会」という名の、駐韓米大使糾弾の集会が本当に開かれた!(朝香 豊)
  4. 経済

    国内企業物価指数が急上昇! 世界に広がるインフレの波!(朝香 豊)
  5. 経済

    中国の国策金融機関の社債が大暴落! 崩れる中国経済!(朝香豊)
PAGE TOP