人権・民主主義

記者6人が警察の暴力に抗議したことに対抗して、香港警察が記者会見を中止!(朝香 豊)

香港メディアの記者6人は、香港警察の暴力に対して抗議の意思を示すために、「査」「警」「暴」「止」「警」「謊」の6つの文字を付けたヘルメットをかぶって、記者会見場に現れた。この6文字をつなげると、「査警暴」(警察の暴力を調査せよ)、「止警謊」(警察の虚言を停止せよ)という意味になる。

香港警察は記者たちにヘルメットを外すよう要求したが、拒否された。この結果として、記者会見は中止された。

香港ではメディア関係者への暴力がひどい状態になっている。

カメラマンが警察の暴力の様子を接近して撮影すると、警察によって地面に押し倒され、公務執行妨害の罪で拘束されたりする。記者に向かって催涙スプレーをかけ、暴行するなどもよくある。

不審な「自殺」が多発していることから、拘束された記者の中には自分のシャツをまくりあげて、「今、体には傷はない。拘束されても絶対、自殺しない」と訴える者もいる。

そしてこういう話は、日本のマスコミで報道されることはない。

悲しい現実だ。

これの元ネタとなる大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/48777.html
トップ画像も同記事からhttps://img.epochtimes.jp/i/2019/11/05/t_h0obq2yy4bterovxej7f.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シア…

  2. 人権・民主主義

    機密文書公開で早速ヒラリーの犯罪が明らかに!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

  3. 人権・民主主義

    北京五輪ボイコットの動き! 急激に悪化したウイグル、香港!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 人権・民主主義

    台湾で香港を支持する5万人集会! 香港に自由を! (朝香 豊)

    雨の中開かれたにも関わらず、香港を支持する集会に5万人が参加し…

  5. 人権・民主主義

    民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国の国内の一部で「戦時管理」実施へ! インフルと同じなわけないだろ!(朝香 豊…
  2. 安全保障

    第3回新型コロナウイルス専門家会議開催!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    韓国で与党大勝! 日本企業は韓国から撤退せよ!(朝香 豊)
  4. Featured Video Play Icon

    安全保障

    北朝鮮の武装船が海保の巡視船に銃口を向けて威嚇! 公表に2週間以上っておかしいだ…
  5. 安全保障

    米議事堂が大混乱! アンティファとBLMにやられる!(朝香 豊)
PAGE TOP