経済

景気悪化を認めない財務省! 日本経済を殺す気か!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

世界的に株価が大暴落するなど、経済的混乱が広がる中で、麻生財務相は、2008年のリーマン・ショック級の大規模な景気悪化が起きているわけではないとし、経済対策のために補正予算を早急に策定する考えがないことを示した。

おいおい、ちょっと待て。

日本の昨年の10−12月期のGDP成長率は、年率換算で先月発表されたマイナス6.3%からさらに下方修正されて、マイナス7.1%となった。

民間企業の設備投資がマイナス17.3%に大幅下方修正となり、新型コロナウイルスの影響がない段階でも、大きなブレーキが経済にかかっていることを示している。

さらに、本年1月の工作機械受注が前年同期比で35.6%減少したのに続いて、2月の工作機械受注も30.1%の大幅減少となった。(実は工作機械受注は2018年3月を頂点に大幅減少が続き、今では月間受注量は当時の半分程度まですでに下がっている。)

はっきり言うが、これらもまだ新型コロナウイルスの影響がほとんど出ていない段階で出ている数字だ。

新型コロナウイルスの影響が出てくるのは今後の話であり、経済の落ち込み幅はこんなレベルに留まるはずはないことは、容易に想像できる。

それでも大減税を行うとか、思い切った歳出拡大によって景気回復させるつもりは、財務省には全然ないのだろう。

リーマン・ショック時も、日本の金融機関がサブプライムローンにほとんど手を出していなかったことから、日本経済への影響は軽微だとして、日本政府は大きな手当を行わなかった。

その結果、経済へのダメージが主要国の中で最も大きい国となった。

リーマンショックの時の反省は、当時総理だった麻生財務相にはないのか。

ここは果敢に大減税を行い、財政支出も大幅に拡大し、日本の経済の回復のためにあらゆる手立てを講じるべきだ。

安倍総理の英断に期待する。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/economy/news/200310/ecn2003100011-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    対中輸出の大幅減が続いている!(朝香 豊)

    日本の8月の貿易収支は2カ月連続の赤字になったが、これは大した…

  2. 経済

    韓国のルノーサムスンが夜間生産を停止! 強硬な組合員を排除して昼間だけ生産へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ルノ…

  3. 経済

    蘇寧易購も国有化! 中国で進む毛沢東回帰路線!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    中国では結婚件数が激減! 無視できない経済的理由!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

  5. 経済

    着実に進む中国のバブル崩壊! 「四川信託」破綻が示すもの!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 経済

    韓国の消費者金融業の破綻が相次ぐ! ヤミ金に走るしかなくなるか? (朝香 豊)

    韓国の消費者金融の大手4社のうち3社が、2024年までに相次い…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ウイグルのジェノサイドをAP通信が詳細報道! これをツイッターは不適切判定!(朝…
  2. 安全保障

    最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    ブティジェッジも予備選で不正を使っていた! おぞましい米民主党の腐敗!(朝香 豊…
  4. 安全保障

    ファーウェイの優位性は過大評価! ストランド社!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「議事堂襲撃事件」にFBIが関与か? タッカー・カールソンが報道!(朝香 豊)
PAGE TOP