中国

中国の国家発展研究院院長が「感染ゼロ」圧力で、中央政府を批判!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

北京大学の姚洋国家発展研究院院長は、新型コロナウイルス感染症への対応に関し、中央政府が感染者をゼロにするように圧力を加えていると批判する論文を発表した。

中央からの圧力を感じた地方の当局者が、「新規感染を1例も出してはならない」と萎縮していると指摘している。

習近平指導部としてはなるべく早く経済活動を本格化させたいのだろうが、感染リスクが残っていれば、なかなか経済活動を再開させることはできない。

政府系メディアが新規感染者「ゼロ」を宣伝しているが、これは事実とは違うのではないかとの声は、各地から上がっていた。

国家発展研究院は中国内では体制内の権威あるシンクタンクで、体制内の専門家からこうした指摘が出るのは異例だ。

反習近平派が力をつけていることは、こういうところからも窺える。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/life/news/200320/lif2003200057-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    新型コロナウイルスはどう広がったのか! 大胆推理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  2. 経済

    カラチの証券取引所が襲撃される! 知っておきたい裏事情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!パキ…

  3. 中国

    上海・蘇州でも大水害! 武漢では警戒水位を1.8メートルオーバー! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    米司法省、中国スパイ事件を相次いで告発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 中国

    武漢発の新型肺炎、真の感染源は海鮮市場ではなかった?? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  6. 人権・民主主義

    香港デモ、80万人! 日本政府は意見表明を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします香港で…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    崩れる軍事オプションの陰謀論! 現実を見よ!(朝香 豊)
  3. 道理

    接待は東北新社だけではない! 足立議員が指摘!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    台湾のワクチン購入が突然白紙に! 背後に中国の影!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    武漢支援の医療スタッフが医学誌に窮状訴える投書!  その後に謎の撤回!(朝香 豊…
PAGE TOP