安全保障

米製の遺伝子機器がウイグルに持ち込まれている! コンプライアンスが成り立たない中国相手の商売はもう認められない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ウイグル人の監視・統制を強化するため中国が遺伝子情報を収集していることは人権団体などがこれまでも指摘してきたところである。

ニューヨーク・タイムズはこうした遺伝子情報を解析するのに、アメリカのバイオテクノロジー分析機器メーカー「サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック」と「プロメガ」の遺伝子情報収集装置が使われていると報じた。

こうした遺伝子情報収集装置が新疆ウイグル自治区の警察向けに販売されることはトランプ政権によって禁じられてきた。だが、中国の民間企業が何らかの手段でこうしたアメリカ製機器を入手した後に、新疆ウイグル自治区の警察に転売され続けてきたと見られている。

メーカーは直接の販売先だけではなく、最終的に機器がどこにわたっているのかまで把握しなければならないことになっている。「サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック」はこうした点で責任を負うことを約束した代理店を通してしか販売していないと主張する。

それでも中国国内ではこういうことが起きている。このことは、相手が中国の場合にはこうした約束が守られることはないと考えなければならないことになる。

中国では6月10日に「反外国制裁法」が制定され、即日実施された。同法によれば、中国への制裁を決定・実行した関係者のみならず、その親族まで中国政府がリスト化して「報復リスト」を作成し、罰則を与えることができることになっている。さらに、いかなる組織や個人も、外国が中国に対して行った差別的な制裁の実施を支援してはならないとしている。このため、ウイグルで生産される新疆綿の購入を停止するといったことも、中国に対する差別的な制裁の実施の支援にあたり、制裁対象になると考えるわけだ。

このため、中国に対してルールに従う形でアメリカ企業が販売を行ったとしても、買い手の中国企業はそんなアメリカの法律の要請など全く守らずに、転売してはいけないところに転売することになる。

法律ができる以前からこんなことは行われてきたのであり、今回の法律制定はあくまでも西側に対する宣伝でしかないと見るべきだろう。それはともかくとして、中国人や中国企業がコンプライアンスを遵守することを前提として商売することは、もはや全く考えてはいけないことになったということは言えるだろう。

この事態を受けて、バイデン政権や菅政権はどう動くのか。

もはや米中ともにいい顔をすることはできなくなった。この冷厳な事実から日本の企業経営者は目をそらしてはならないと考える。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nytimes.comの記事
https://www.nytimes.com/2021/06/11/business/china-dna-xinjiang-american.html
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/6168
ウイグルの綿花の画像
https://stat.ameba.jp/user_images/20200917/11/gekifutoriyagineko/a7/49/j/o1920108014820713362.jpg?caw=800

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    「感染経路が見えなくなってきた」…加藤厚労大臣! 遅いんだよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 人権・民主主義

    中国で強まるクリスマス禁止令!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  3. 安全保障

    西側企業・国家機関内部に中共支部! 195万人の中共党員データがリーク!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルスははやり人造か? 新たな疑惑が提起される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    中国政府、湖北省出身者にチャーター帰国便を準備!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「平和を望む世界各国と中国共産党政権による全体主義の戦い」だと、ポンペオ米国務長…
  2. 中国

    新型コロナは武漢の研究所で作られた! 米政府の見方は固まってきた!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    クルーズ船の全員検査で意見対立! もう水際対応は限界だと認めよ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港民主活動家の黄之鋒氏が、米議会内の公聴会で「香港人権・民主法案」の制定を促す…
  5. 人権・民主主義

    中国で起こった、医療の闇事件
PAGE TOP