安全保障

米製の遺伝子機器がウイグルに持ち込まれている! コンプライアンスが成り立たない中国相手の商売はもう認められない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ウイグル人の監視・統制を強化するため中国が遺伝子情報を収集していることは人権団体などがこれまでも指摘してきたところである。

ニューヨーク・タイムズはこうした遺伝子情報を解析するのに、アメリカのバイオテクノロジー分析機器メーカー「サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック」と「プロメガ」の遺伝子情報収集装置が使われていると報じた。

こうした遺伝子情報収集装置が新疆ウイグル自治区の警察向けに販売されることはトランプ政権によって禁じられてきた。だが、中国の民間企業が何らかの手段でこうしたアメリカ製機器を入手した後に、新疆ウイグル自治区の警察に転売され続けてきたと見られている。

メーカーは直接の販売先だけではなく、最終的に機器がどこにわたっているのかまで把握しなければならないことになっている。「サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック」はこうした点で責任を負うことを約束した代理店を通してしか販売していないと主張する。

それでも中国国内ではこういうことが起きている。このことは、相手が中国の場合にはこうした約束が守られることはないと考えなければならないことになる。

中国では6月10日に「反外国制裁法」が制定され、即日実施された。同法によれば、中国への制裁を決定・実行した関係者のみならず、その親族まで中国政府がリスト化して「報復リスト」を作成し、罰則を与えることができることになっている。さらに、いかなる組織や個人も、外国が中国に対して行った差別的な制裁の実施を支援してはならないとしている。このため、ウイグルで生産される新疆綿の購入を停止するといったことも、中国に対する差別的な制裁の実施の支援にあたり、制裁対象になると考えるわけだ。

このため、中国に対してルールに従う形でアメリカ企業が販売を行ったとしても、買い手の中国企業はそんなアメリカの法律の要請など全く守らずに、転売してはいけないところに転売することになる。

法律ができる以前からこんなことは行われてきたのであり、今回の法律制定はあくまでも西側に対する宣伝でしかないと見るべきだろう。それはともかくとして、中国人や中国企業がコンプライアンスを遵守することを前提として商売することは、もはや全く考えてはいけないことになったということは言えるだろう。

この事態を受けて、バイデン政権や菅政権はどう動くのか。

もはや米中ともにいい顔をすることはできなくなった。この冷厳な事実から日本の企業経営者は目をそらしてはならないと考える。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nytimes.comの記事
https://www.nytimes.com/2021/06/11/business/china-dna-xinjiang-american.html
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/6168
ウイグルの綿花の画像
https://stat.ameba.jp/user_images/20200917/11/gekifutoriyagineko/a7/49/j/o1920108014820713362.jpg?caw=800

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  5. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国が武漢市に加えて新たに2市を封鎖! 武州肺炎の拡散は確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 道理

    ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    ハイチ大統領の殺害! 真の黒幕は中国か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!7月…

  4. 外交

    スリランカが脱中国化! 国際空港整備、日本の大成建設が受注! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!スリ…

  5. 安全保障

    中国のハニトラにかかった下院議員! ペロシは擁護!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    厚労省のウイルス対応の目安は現実的ではない! もっと「危ない」提案を求める!(朝…
  2. 経済

    韓国の現代自動車でも労使間の紛糾が発生!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    太平洋島嶼国の光ケーブル事業で中国排除! 対中姿勢に大きな変化!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    八ッ場ダムで利根川水系の水害が救われた!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    新型コロナウイルスで、中国がデマ情報か? 台湾で指摘!(朝香 豊)
PAGE TOP