未分類

バイデン政権の支持率はすでに末期的! この中でCO2削減のためにさらなる怒りを引き起こす可能性!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

最近はバイデン政権に対する支持率が深刻なレベルにまで悪化していることを示す世論調査が様々に発表されているが、USA TODAYの行った世論調査でもこのことが示された。

バイデン大統領の仕事ぶりを評価したのはわずかに37.8%で、評価しないとしたのは59.0%だった。カマラ・ハリス副大統領の仕事ぶりを評価したのはさらに低い27.8%にとどまった。これはハリス副大統領が南部の国境に押し寄せている不法移民対策をバイデン大統領から任されているはずなのに、ほとんど何も行っていないからだと思われる。

調査対象者の46%がバイデンの大統領としての仕事ぶりは思っていたよりも悪かったとし、そのうち16%はバイデンに投票していた。無党派層では7対1(44%-6%)で、バイデン氏の仕事ぶりは期待以上ではなく、むしろ悪いと答えている。

調査対象者のほぼ3分の2にあたる64%が、バイデンに2024年の2期目に出馬してほしくないと答えた。その中には民主党員の28%も含まれていた。

アメリカ人はバイデンが署名しようとしているインフラ法案を圧倒的に支持しているが、議会で議論されている、より高額で広範囲に及ぶ「Build Back Better」法案については、4人に1人しかこれが自分や家族のために役立つとは答えていない。

もし今日選挙があったとしたら民主党に投票するとしたのは38%で、共和党に投票するとした46%を大きく下回った。

なおバイデン政権のていたらくに民主党上院のマンチン議員が反旗を翻し、状況によっては離党する意向であることがわかっている。マンチン議員が仮に離党すれば上院での民主党の優位は覆ることになり、上下院はねじれ状態に陥ることになる。

来年に予定されている中間選挙で民主党が大敗すれば、議会は上下院とも共和党が優勢となり、政権が求める法案がなかなか通過しないことになる。

そしてここにさらに追い討ちをかけるような処置をバイデン政権は考えている。エネルギー価格が高騰していることがアメリカの庶民の懐を直撃しているにもかかわらず、カナダから引いている石油と天然ガスのパイプラインを停止することを検討しているのだ。化石燃料に対する依存を減らすことをバイデン政権が重視しているからだが、これが行われればエネルギー価格のさらなる上昇は避けられないことになる。これがアメリカ人の怒りをさらに焚き付けるのは間違いないだろう。

バイデン政権は発足からまだ1年も経っていないが、すでに末期的症状を呈してきていると言えるだろう。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

でっちあげ「スティール文書」の情報提供者逮捕! 窮地に追い詰められる民主党!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7005

“Let’s go Brandon”がトレンド入り! 背景にあるバイデン大統領への批判!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6894

大統領選挙の疑惑は深まった! アリゾナ州マリコパ郡の監査結果!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6862

www.usatoday.comの記事
https://www.usatoday.com/story/news/politics/2021/11/07/biden-approval-falls-38-midterms-loom-usa-today-suffolk-poll/6320098001/?utm_campaign=snd-autopilot
www.newsweek.comの記事
https://www.newsweek.com/joe-biden-shutting-down-line-5-pipeline-send-gas-prices-surging-1646999
バイデン大統領の画像
https://storage.googleapis.com/afs-prod/media/95578833e9894474be84b2997e0fd073/400.jpeg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 未分類

    中国、ロシア、北朝鮮を味方につけて沖縄独立を! 愚かすぎる琉球新報の主張!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  2. 未分類

    中国の圧力を受けて、EUが寄稿文から一文を削除していたことが判明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 未分類

    投票結果が17万票の不適合! ペンシルバニア州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ペン…

  4. 未分類

    まさかの緊急事態宣言下での五輪開催! 国民から呆れられるのは必然!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 未分類

    トランプ当選は神の意志! 敗北は絶対ない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    南部は豪雨、北部は異常な気温低下! バッタの大量発生にも苦しむ中国! (朝香 豊…
  2. 安全保障

    TikTok、アメリカでも禁止へ! 事業売却か?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    北京大学との共同学位プログラム計画を否決! コーネル大学教授会!(朝香 豊)
  4. 経済

    着実に進む中国のバブル崩壊! 「四川信託」破綻が示すもの!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)…
PAGE TOP