人権・民主主義

習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

国民民主党の玉木雄一郎代表は、衆院本会議での代表質問で、中国公船による領海侵入や新疆ウイグル自治区での人権問題などの懸念を列挙して、中国の習近平国家主席を国賓として招く方針に反対する姿勢を明確に示した。

共産党の山下芳生副委員長も、参院本会議の代表質問で香港問題に触れ、「弾圧が中国の最高指導部の承認と指示のもとに行われていることは、きわめて重大」だとした。

立憲民主党の枝野幸男代表もNHK番組で、「国賓としてお招きするのに、『いかがなものか』という声が国内外にあることについて、私は十分理解する」と述べている。

このように、習近平国家主の国賓待遇に対して反対する動きは、共産党や立憲民主党にまで広がってきた。

自民党の一部勢力だけが反対意見を表明している段階ではなくなったのだ。

反対決議案をまとめられる政治勢力で、なんとかまとめて国会に提出できないものか。

反対決議が可決されれば、確実に止められるだろう。

反対決議が提出されれば、習近平氏のメンツを守りたい親中派が、採決を阻止するために、自ら取り下げに動くことも予想される。

そうした動きが表面化してきた段階で、政府が自ら断念する動きに出るかもしれない。

というわけで、良識のある国会議員の方々には、中国の習近平国家主席の国賓招日反対決議案を、なるべく広い政治勢力を集めてまとめる作業に入っていただきたい。

我々も、首相官邸にさらに意見を届けるなどして、抵抗を続けよう!

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/politics/news/200125/plt2001250016-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    香港のデモ隊には警察のスパイが入り込んでいる!

    香港でデモ参加者が黒いシャツを着ているのは、香港の自由と民…

  2. 人権・民主主義

    香港でウイグル人に声援を送る集会! 東トリキスタンの旗も振られる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新疆…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルスに人工生成の痕跡あり! 伝染病学の専門家が証言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    中国で起こった、医療の闇事件

    中国で起こった医療の闇の事件。北京で、急性リンパ性…

  5. 人権・民主主義

    香港区議選挙、民主派圧勝! 議席の2/3超え!(朝香 豊)

    香港の区議会議員選挙は、政府に批判的な立場の民主派がすべての議…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国、工場稼働中断を勧告! 韓国企業に大打撃! 日本経済も笑えない!(朝香 豊)…
  2. 人権・民主主義

    香港人に英国の完全な市民資格を与える政策を、イギリス保守党が検討か?(朝香 豊)…
  3. 経済

    ムーディーズ、韓国企業14社の格付けえお一斉に引き下げる見通し! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国への技術流出防止を念頭に、外資規制強化の方針!(朝香 豊)
  5. 未分類

    中国が新型コロナウイルスの調査団から、アメリカを排除! バレたくないものは?(朝…
PAGE TOP