人権・民主主義

習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

国民民主党の玉木雄一郎代表は、衆院本会議での代表質問で、中国公船による領海侵入や新疆ウイグル自治区での人権問題などの懸念を列挙して、中国の習近平国家主席を国賓として招く方針に反対する姿勢を明確に示した。

共産党の山下芳生副委員長も、参院本会議の代表質問で香港問題に触れ、「弾圧が中国の最高指導部の承認と指示のもとに行われていることは、きわめて重大」だとした。

立憲民主党の枝野幸男代表もNHK番組で、「国賓としてお招きするのに、『いかがなものか』という声が国内外にあることについて、私は十分理解する」と述べている。

このように、習近平国家主の国賓待遇に対して反対する動きは、共産党や立憲民主党にまで広がってきた。

自民党の一部勢力だけが反対意見を表明している段階ではなくなったのだ。

反対決議案をまとめられる政治勢力で、なんとかまとめて国会に提出できないものか。

反対決議が可決されれば、確実に止められるだろう。

反対決議が提出されれば、習近平氏のメンツを守りたい親中派が、採決を阻止するために、自ら取り下げに動くことも予想される。

そうした動きが表面化してきた段階で、政府が自ら断念する動きに出るかもしれない。

というわけで、良識のある国会議員の方々には、中国の習近平国家主席の国賓招日反対決議案を、なるべく広い政治勢力を集めてまとめる作業に入っていただきたい。

我々も、首相官邸にさらに意見を届けるなどして、抵抗を続けよう!

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/politics/news/200125/plt2001250016-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ドイツのメルケル首相が中国に対して香港の件で釘をさす!

    いいぞ、メルケル!ドイツのメルケル首相は中国の李克…

  2. 人権・民主主義

    韓国で市長選挙への大統領府不正介入で、検察が再び家宅捜査へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  3. 安全保障

    ニューヨーク州も非常事態宣言! これでもパンデミックではないの? WHO!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 道理

    発覚し始めた不正の数々! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    習近平、赤っ恥! ネパールはチベット難民の引き渡しを拒否!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカ保守派が中国に対して20兆ドルの損害賠償を請求! 新型コロナウイルス!(…
  3. 外交

    ラグビーW杯での旭日旗使用さえ、韓国教授は抗議へ! (朝香 豊)
  4. 外交

    ロシアが憲法で領土譲渡の禁止提案! 安倍総理は訪露中止を!(朝香 豊)
  5. 経済

    アフリカ豚コレラのワクチン開発! 100%効果的!(朝香 豊)
PAGE TOP