人権・民主主義

韓国で異常判決! 最高裁が壊す法の支配!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国大法院(最高裁判所)がとんでもない判決を下した。

韓国の教職員組合である全国教職員労働組合(全教組)に関する判決だ。

日本の教職員組合である日教組が左巻きであることはよく知られているが、韓国の全教組は日教組が霞むほどの左巻きだ。

全教組は組合員である教師を対象とした「統一学校」で、北朝鮮の歴史書を丸写しにした教材を使っているのが明るみに出たこともある。そのくらい北朝鮮ベッタリの労組なのだ。

この全教組に対して2013年に当時の朴槿恵政権は「法外労組」、つまり労働組合としては非合法だと規定した。

韓国の労働組合法には「労働者でない者の加入を許可する場合は労働組合と見なさない」と規定されているが、全教組はすでに教職員から離れた者を労働組合員とし、組合活動に関わらせていたからだ。

要するに政治活動を専属で行うような活動家に組合活動をやらせていたわけだが、これは労働組合法に違反するから、この状態では合法的な労働組合としては認められないという判断を下したのである。

教職員の労働組合は教職員の待遇改善などに資するべき存在だが、教職員ではない者が組合の中に入り込み、組合員の要求とはかけ離れた政治的主張などを行うようなことがないようにしようというのが、労働組合法の規定の意味だ。

これに猛反発したのが全教組である。全教組は裁判所に提訴し、韓国政府と全面的に争うことにした。

裁判所に集結する全教組組合員

この規定を持つ労働組合法が韓国憲法に違反するのではないかと全教組は提訴したわけだが、これは憲法裁判所で敗訴した。

憲法裁判所とは別に一般の裁判所でも、全教組は政府のあり方は不当だとして争ってきたが、一審・二審も政府の処置は正当であると認定した。

憲法裁判所で労働組合法の規定が合憲であるとされているのであれば、労働組合法に違反した組合のあり方が認められるわけがない。

ところが、韓国大法院はこれまでの憲法裁判所や、一審・二審の判断と全く異なる見解を示した。

この判断が全く意味がわからない。

朴槿恵政権が全教組を非合法だと決めた処置が、労働組合法そのものに基づくものではなく、施行令に基づいているからだというのである。

施行令というのは、法律の内容を円滑に実施するために行政側が定めただけのものだ。

施行令が法律の趣旨に違反していれば、施行令が無効とされるのは当然ありうる話だが、今回はそうではない。

法律の規定に即した施行令に基づいて処置を行ったら、それが無効だというのである。

このありえない判決を韓国大法院が出した。

金命洙韓国大法院院長

ここまで来ると、法の恣意的な運用も極まれリという感じだが、韓国で企業活動を行う場合にはこういうリスクを真面目に考えないといけないということを改めて示したといえる。

韓国進出企業は、このリスクを認識して動いていくべきだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/05/2020090580027.html
ネタ画像は日経新聞から(韓国大法院)
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO6008621007062020000003-1.jpg?w=680&h=453&auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&q=100&fit=crop&ixlib=js-1.4.1&s=907537f242940d893201ddfa4478f3f2
画像はハンギョレから(金命洙韓国大法院院長)
https://img.hani.co.kr/imgdb/japan/news/resize/2017/0921/150599780687_20170921.jpg
画像はZNN.jpから(全教組組合員)
https://znn.jp/wp-content/uploads/old-photos/20170710a-1.JPG

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港デモで、警察スパイが店舗破壊か? 証拠映像! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元日…

  2. 人権・民主主義

    香港で、反中国派の新聞の印刷所が放火される! 動画あり! (朝香 豊)

    反中国派の新聞である大紀元時報の香港支社の印刷工場に、覆面をし…

  3. 道理

    米大学のオーケストラの入国で、中国は韓国人団員のみ排除!(朝香 豊)

    アメリカのロチェスター大学のイーストマン・フィルハーモニー管弦…

  4. 道理

    朝日新聞のねじ曲がった悪意! 浄化処理を行った水を「汚染水」と報じる!

    原田環境相兼原子力防災担当相は10日の記者会見で、福島原発の処…

  5. 安全保障

    台湾で新型肺炎で特別法制定! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    BLM運動家に恐怖を覚えた金持ちが銃口を向けた! アウトかセーフか?(朝香 豊)…
  2. 安全保障

    クルーズ船の感染は日本の不手際ではない! 日本政府は世界に訴えよ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    「クリーン・ネットワーク」で中国排除! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)
  4. 外交

    NATOは「脳死状態」だと、仏マクロン大統領!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)
PAGE TOP