未分類

コロナ対策でEU内が分裂! 高まる相互不信!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

欧州全域に広がる新型コロナウイルスの萬延に対して、イタリアのコンテ首相が「EU共同債」の発行を提案した。

「イタリア国債」であればイタリア政府の借金となるが、「EU共同債」になればEU全体の借金ということになり、イタリア政府とかスペイン政府とかの特定の政府の借金にはならない。

今回のコロナウイルスで甚大な被害を受けているのは、イタリアとスペインに限った話ではないし、ヨーロッパ全体で対処すべきものだというコンテ首相の言い分にも、十分な理由はある。

実際にEU圏内でも14カ国がこのコンテ首相の提案に賛成し、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁も前向きな姿勢を見せている。

だが、イタリアの被害はイタリアが負い、スペインの被害はスペインが負い、ドイツの被害はドイツが負うということにしたほうが、ドイツからしてみれば、負担が少ないように感じられる。

コンテ首相が「EU共同債」の提案をしたことに、ドイツのメルケル首相は一旦は理解する姿勢を見せたが、ショルツ財務相はメルケル発言を修正し、「EU共同債」は適当ではないとの見解を示した。

その代わりとして、欧州版のIMFともいえる「欧州安定メカニズム(ESM)」からの借り入れを使うことを提案した。

オランダもドイツと同じ立場に立っている。

だが、ESMからの融資はIMFによる融資と同じように、借り入れに際しての条件が非常に厳しい。

ギリシャ危機の際にギリシャはものすごく激しい緊縮財政を要求され、27.9%という高い失業率に苦しむことになった。

若年層に限っては50%を超えていた。

ESMから借り入れた結果として、コロナ危機が去った後に経済を立て直す財政的な余裕が全くなくなり、激しい緊縮財政を求められるということになったら、当然にもイタリアやスペインはやっていけないだろう。

ドイツやオランダの厳しい姿勢は、こういう点で非合理なものではあるが、しかしながら、イタリアやスペインを助けるような提案を認めると、国内の選挙でドイツ国民から支持してもらえなくなるという問題があるところも着目しておくべきだ。

イタリア人やスペイン人のことを可哀想だと思っても、彼らのために負担を引き受けようとは、ドイツ人は思わないものだ。

ドイツ人は「ドイツ人」というアイデンティティは持ちえても、「ヨーロッパ人」というアイデンティティはなかなか持ちえない。

それは私たち日本人が「日本人」というアイデンティティは持ちえても、「東アジア人」というアイデンティティはなかなか持ちえないのと同じだ。

そういう点から考えて、ドイツやオランダの反対姿勢は理解できるのだが、ただここでどうすべきかの対応がなかなか決まらないと、イタリアやスペインの国内対応は当然なかなか進めにくいことになる。

今は新型コロナウイルスの対応に全力を注ぐべき時なのに、ヨーロッパの国々の間の相互不信が募っていくことになるのだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-18/Q7D64RDWRGG601
ネタ元のニューズウィークの記事
https://www.newsweekjapan.jp/headlines/business/2020/03/269374.php
画像も同記事から
https://www.newsweekjapan.jp/headlines/images/biz/2020/03/30/2020-03-30T023015Z_1_LYNXMPEG2T03U_RTROPTP_3_GERMANY-POLITICS.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 未分類

    菅総理の功罪を見極めよう! 全否定も全肯定も間違い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私が…

  2. 未分類

    亀裂が生まれる中国とアフリカ、中国とロシア! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!広州…

  3. 未分類

    中国の圧力を受けて、EUが寄稿文から一文を削除していたことが判明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 未分類

    金正恩は本当に脳死か? それとも回復過程か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!朝鮮…

  5. 未分類

    アフリカでも中国離反の動きが! 追い詰められる中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!タン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)
  2. 経済

    アフリカ豚コレラのワクチン開発! 100%効果的!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    エスパー国防長官が防衛費2%要求! 日本はこの外圧を利用せよ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    15日にも、韓国検察特捜部の縮小を閣議決定へ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国が世界中に監視網を拡大! 国際人権団体が報告書!(朝香 豊)
PAGE TOP