未分類

中国の圧力を受けて、EUが寄稿文から一文を削除していたことが判明!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党系の英字紙のChina Dailyは、欧州27カ国の中国大使とEU代表部の共同寄稿文から、「中国で発生したウイルスがこの3カ月間で世界中の他の地域に広がった」の一文を削除した上で掲載した。

ウイルスが中国起源であることを前提としていることに中国側が難色を示し、EU側がこれに妥協したためだ。

ブリュッセルの欧州委員会によると、主要なEUの政策について掲載されることが重要であると考えたため、かなり不本意だが、変更後の文章を発表することに決まったという。

これに対して、ドイツの政治家レットゲン議員は、「EU代表部が容易に中国の好む話を採用したこと、また中国の検閲を受け入れたという点で、ショックである」「私たちが共有するヨーロッパの価値観を反映する必要がある」と述べた。

まさにその通りなのだが、EUはまたしても中国側の検閲を受け入れてしまった。

というのは、新型コロナウイルス対応に関する中国共産党による検閲は、4月末にもあったからだ。

中国政府関係者らからの圧力を受けて、ウイルスに関する虚偽情報の動向を知らせる定期報告書の公表をEUが延期し、最終版の表現のトーンを弱めたのだ。

ヨーロッパの中でも反中意識は高まっているが、それで全体が統一できているわけではない。

ヨーロッパで中国との距離を明らかに置こうとしている国は、実はスウェーデン・デンマーク・アイルランドくらいだ。

セルビアのように、今でも中国に露骨にすり寄る姿勢を持った国もある。

中国の経済力はそれだけ無視できない大きさがあるわけだ。

今や中国が世界の工場になっており、諸物資の供給を中国に依存している状態だ。

中国以外でこうした物資の確保、特に医療物資の確保ができるようになれば、話は大きく変わることになるが、ここには日本企業の決断が大きな意味を占めることになる。

そして日本企業がこの方向に進んで動く状態にできるかどうかには、日本政府の対応が大いに関係してくることになる。

また、米欧関係がぎくしゃくしていることも、西側が結束できない原因の1つだ。

米欧をつなぐ仲介者としての日本政府の役割もまた大きいということになるだろう。

その意味で、我々の責任もまた重い。

ともに頑張ろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/05/56168.html
画像はEurope Commission のページから
https://ec.europa.eu/info/news/eu-and-china-step-cooperation-climate-change-and-clean-energy-2018-jul-16_en
https://ec.europa.eu/info/sites/info/files/eu-china.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)

関連記事

  1. 未分類

    消費税増税の動きを警戒しよう! 財政の方向性を完全に転換せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  2. 未分類

    新型コロナウイルスで大打撃を受ける韓国産業!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  3. 未分類

    亀裂が生まれる中国とアフリカ、中国とロシア! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!広州…

  4. 未分類

    オミクロンはワクチン4回接種でも感染防げず! 普通に経済を回すべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    景気悪化を認めない財務省! 日本経済を殺す気か!(朝香 豊)
  2. 道理

    習近平国賓来日に賛成! 総理の芽を自ら潰した石破茂! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国が1月段階ですでに世界中からマスクを買い占めていた! カナダ紙が報道! (朝…
  4. 経済

    国土強靱化の予算執行は5割にとどまる! 弱体化した建設業!(朝香 豊)
  5. 中国

    武漢発の新型肺炎、真の感染源は海鮮市場ではなかった?? (朝香 豊)
PAGE TOP