未分類

中国の圧力を受けて、EUが寄稿文から一文を削除していたことが判明!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党系の英字紙のChina Dailyは、欧州27カ国の中国大使とEU代表部の共同寄稿文から、「中国で発生したウイルスがこの3カ月間で世界中の他の地域に広がった」の一文を削除した上で掲載した。

ウイルスが中国起源であることを前提としていることに中国側が難色を示し、EU側がこれに妥協したためだ。

ブリュッセルの欧州委員会によると、主要なEUの政策について掲載されることが重要であると考えたため、かなり不本意だが、変更後の文章を発表することに決まったという。

これに対して、ドイツの政治家レットゲン議員は、「EU代表部が容易に中国の好む話を採用したこと、また中国の検閲を受け入れたという点で、ショックである」「私たちが共有するヨーロッパの価値観を反映する必要がある」と述べた。

まさにその通りなのだが、EUはまたしても中国側の検閲を受け入れてしまった。

というのは、新型コロナウイルス対応に関する中国共産党による検閲は、4月末にもあったからだ。

中国政府関係者らからの圧力を受けて、ウイルスに関する虚偽情報の動向を知らせる定期報告書の公表をEUが延期し、最終版の表現のトーンを弱めたのだ。

ヨーロッパの中でも反中意識は高まっているが、それで全体が統一できているわけではない。

ヨーロッパで中国との距離を明らかに置こうとしている国は、実はスウェーデン・デンマーク・アイルランドくらいだ。

セルビアのように、今でも中国に露骨にすり寄る姿勢を持った国もある。

中国の経済力はそれだけ無視できない大きさがあるわけだ。

今や中国が世界の工場になっており、諸物資の供給を中国に依存している状態だ。

中国以外でこうした物資の確保、特に医療物資の確保ができるようになれば、話は大きく変わることになるが、ここには日本企業の決断が大きな意味を占めることになる。

そして日本企業がこの方向に進んで動く状態にできるかどうかには、日本政府の対応が大いに関係してくることになる。

また、米欧関係がぎくしゃくしていることも、西側が結束できない原因の1つだ。

米欧をつなぐ仲介者としての日本政府の役割もまた大きいということになるだろう。

その意味で、我々の責任もまた重い。

ともに頑張ろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/05/56168.html
画像はEurope Commission のページから
https://ec.europa.eu/info/news/eu-and-china-step-cooperation-climate-change-and-clean-energy-2018-jul-16_en
https://ec.europa.eu/info/sites/info/files/eu-china.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 未分類

    新型コロナウイルスで大打撃を受ける韓国産業!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  2. 未分類

    日本では集団免疫ができている! 上久保教授の説の解説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 未分類

    中国は人口統計もごまかしていた! すでに人口減少か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 未分類

    台湾で観客のいるプロ野球試合が始まる! 新型コロナ克服!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  5. 未分類

    山谷えり子氏が日本学術会議問題を取り上げる! 参議院内閣委員会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!参議…

  6. 未分類

    トランプなおリードとの調査結果発表! 強気で戦い、勝利を掴め!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    恐怖! チョ・グク法相が就任早々えげつない検察潰しに着手!
  2. 人権・民主主義

    キャリー・ラム行政長官、辞任されてはいかがですか?
  3. 人権・民主主義

    香港警察の暴力に反対する声明、3700人の著名学者らが署名! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    昭和天皇が燃やされる映像作品はヘイトではない=東大特任助教! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    トランプ派には献金停止! 米財界に動き広がる!(朝香 豊)
PAGE TOP