安全保障

海鮮市場は最初の感染源ではない! なんと中国の研究機関が発表!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の雲南省にある政府系の研究機関である「中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園」が、新型コロナウイルスの感染源は湖北省武漢にある海鮮市場ではないことを発表した。

同機関は、12の国に拡散した93の新型コロナウイルスの遺伝情報について解析し、武漢市の海鮮市場で見つかったウイルスはほかの場所から入ってきたものだとした。

患者の発病時期などから類推しても、海鮮市場がウイルスの発生源ではないと証明づけられることにも触れている。

昨年の12月8日と1月6日に、ウイルスが幅広く拡散した時期があることから、ウイルスは早ければ11月下旬には、すでにヒトからヒトへの感染が始まっていた可能性についても指摘している。

したがって、1月初めのウイルスの拡散時期に幅広く注意喚起が行われていれば、世界的なウイルスのまん延は抑えられた可能性についても論及している。

この研究結果の公表は、習近平体制に対する大きな打撃になるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200223/k10012297631000.html?utm_int=detail_contents_news-related_004

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国が1月段階ですでに世界中からマスクを買い占めていた! カナダ紙が報道! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  2. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイなどの排除を、小規模民間通信会社にまで拡充へ! (朝香 豊)

    アメリカ政府は中国の通信機器大手「ファーウェイ」と「ZTE」の…

  3. 安全保障

    サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

    イランの関与が濃厚となったサウジ攻撃について、おそらくこういう…

  4. 安全保障

    TSMC議論での深田萌絵氏に対する反論! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!TS…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. Featured Video Play Icon

    道理

    チョ・ググ氏の法相就任に障害はないと、韓国政府関係者が表明!
  3. 安全保障

    中国の食糧危機は深刻かも! 食べ残し厳禁を習総書記が号令!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    言論封殺のGoogle・Facebook・Twitter! 皮肉デザイン秀逸!(…
  5. 道理

    BLM運動家に恐怖を覚えた金持ちが銃口を向けた! アウトかセーフか?(朝香 豊)…
PAGE TOP