安全保障

海鮮市場は最初の感染源ではない! なんと中国の研究機関が発表!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の雲南省にある政府系の研究機関である「中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園」が、新型コロナウイルスの感染源は湖北省武漢にある海鮮市場ではないことを発表した。

同機関は、12の国に拡散した93の新型コロナウイルスの遺伝情報について解析し、武漢市の海鮮市場で見つかったウイルスはほかの場所から入ってきたものだとした。

患者の発病時期などから類推しても、海鮮市場がウイルスの発生源ではないと証明づけられることにも触れている。

昨年の12月8日と1月6日に、ウイルスが幅広く拡散した時期があることから、ウイルスは早ければ11月下旬には、すでにヒトからヒトへの感染が始まっていた可能性についても指摘している。

したがって、1月初めのウイルスの拡散時期に幅広く注意喚起が行われていれば、世界的なウイルスのまん延は抑えられた可能性についても論及している。

この研究結果の公表は、習近平体制に対する大きな打撃になるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200223/k10012297631000.html?utm_int=detail_contents_news-related_004

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. Huawei のロゴ

    安全保障

    ファーウェイは◯か×か? 5GでEU一致の対応を! 独メルケル首相!(朝香 豊)

    ドイツのメルケル首相は、5Gの導入でEUは一致して取り組むべき…

  2. 経済

    北朝鮮のマネロンに中国人が関与! 米の真のターゲットは中国の銀行かも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

    防衛省が北朝鮮の短距離弾道ミサイルについて、1)ロシアの「イス…

  4. 中国

    中国で再び封鎖処置が相次ぐ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  5. 経済

    巧妙化する麻薬の密輸! 瀬取り方式の進化系も登場! (朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!麻薬の…

  6. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!29…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    さすが、アメリカ! 米国上位500社に台湾との関係強化を求める!(朝香 豊)
  2. 経済

    コロナウイルス禍を奇貨として、日本の大改造を行え!(朝香 豊)
  3. 道理

    疑惑噴出の一方で、チョ・グク氏人気が上昇している?(朝香 豊)
  4. 道理

    韓国「旭日旗」クレームがポーランドの飲料を販売中止に追い込む! (朝香豊)
  5. 未分類

    中国が新型コロナウイルスの調査団から、アメリカを排除! バレたくないものは?(朝…
PAGE TOP