安全保障

TikTokとオラクルとの提携案をトランプ政権は拒絶! 原則を貫くトランプ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米商務省は、動画系SNS「TikTok(ティックトック)」の米国内での新規のダウンロードやアプリの更新を20日に禁止すると発表した。

11月12日までに米事業の売却などで米政府と合意できなければ、米国内での利用は全面禁止となる。

中国版ツイッターの「WeChat(ウィーチャット)」も20日夜から全面的に禁止する。

米商務省は両アプリが個人情報を広範に集めており、情報が中国政府に渡って安全保障上のリスクが発生する恐れがあることを批判した。

TikTokに関するオラクルとの交渉においては、オラクルなど米国企業が米国事業運営会社の株式の過半を握る一方、AIの所有権はティックトックを開発した中国企業のバイトダンスに残すことになっていた。

TikTokのソフトのソースコードをオラクル側に開示して、情報流出がないことを確認させるとしていたが、開示されたソースコードが実際のものと違う可能性もありうるなど、様々な観点から安全性を完全に担保できないことが専門家から指摘されていた。

そもそも中国では国家情報法により、中国政府の求めがあった場合には収集したデータを政府に開示する義務を負っており、この支配から脱するためには、提携ではなく、完全売却が不可欠だということになる。

なお、ユーザーの好みに合わせた動画推薦などの人工知能技術はアメリカには譲れないとして、中国政府は完全売却に難色を示している。

西側の技術は取りたい放題であるのに、自国の技術の流出は許さないという中国の非対称的なあり方が、改めて示された形だ。

こうした事態の根本をアメリカの主要マスコミが正しく指摘しない中では、アメリカ国内に1億人いるとされるTikTokユーザーの反発は大きいだろう。

このことが大統領選挙の結果に大きな影響を及ぼすのは確実だろうが、それでも原則を貫くトランプ政権の強さは頼もしい。

トランプには大統領選挙での勝利に加え、TikTokを巡る戦いでも勝利を収めてもらいたい。

そして、日本のTikTok事業についても売却をさせるように、日本政府も圧力を加えるべきである。
 
 

よければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキング

へのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64081150Y0A910C2EA2000/
日経新聞からの引用画像(米商務省の発表内容)
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO6407593018092020EA2001-PN1-12.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=fb71de61b11f623ba67038f1c8b8aafa
X box & play games からの引用画像(TikTok)
https://e00-marca.uecdn.es/assets/multimedia/imagenes/2020/01/28/15802459449976.jpg
Ferretからの引用画像(WeChat)
https://ferret.akamaized.net/uploads/article/9765/eyecatch/default-b5e888426c0bde1967fc05e4dc7e2663.jpg
Nikkei Asian Reviewからの引用画像(WeChat TikTok 米中対立)
https://www.ft.com/__origami/service/image/v2/images/raw/https%3A%2F%2Fs3-ap-northeast-1.amazonaws.com%2Fpsh-ex-ftnikkei-3937bb4%2Fimages%2F3%2F1%2F9%2F8%2F29448913-3-eng-GB%2FCropped-1600430996RTX7O28N.JPG?source=nar-cms&width=1024&height=512&fit=cover&gravity=faces

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    WTOの判断延期に騙されるな! 新型コロナウィルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  2. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    中国の統計は信用ならない! あのイランも言い出す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  4. 人権・民主主義

    中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    日本学術会議6人除外に警察出身の杉田官房副長官が関与? 公安上の問題か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「日…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    日本学術会議6人除外に警察出身の杉田官房副長官が関与? 公安上の問題か?(朝香 …
  2. 人権・民主主義

    台湾の実業家が中国で拘束! 台湾の民進党は、香港と中国への渡航自粛を勧告! (朝…
  3. 人権・民主主義

    ニュージーランドには謝罪しない! 韓国外交官が犯したセクハラ事件で康京和氏!(朝…
  4. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)
  5. 経済

    今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)…
PAGE TOP