経済

さらに崩れている中国経済! 真実をきちんと見よう!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

世界的に見てとりわけ景気がいいとされているはずの中国で、社債のデフォルト(債務不履行)がどんどんと膨らんでいる。2013年までは存在しなかった社債デフォルトが2014年に記録されて以降、なぜか年々拡大しているのである。2020年には1870億元(3.2兆円)に達し、今年はすでに上半期(1〜6月)で1160億元(2兆円)に達している。今年1年で史上最高額になるのはほぼ確実である。

ちなみに日本での社債のデフォルトは2016年以降では1件しかないはずだ。中国の状況がいかに常識外れであるかがわかる。

中国の外貨建ての低格付け債の流通利回りは平均で10%を超えている。世界的には低格付け債の流通利回りは4%台と、史上最低レベルに下がっているのとは好対照だ。中国の不動産開発の最大手の中国恒大集団の社債の利回りは、あらゆる年限で20%超まで急上昇した。

デフォルトの噂が立つのは恒大集団だけではない。イタリアの名門サッカークラブ、インテル・ミラノを傘下に収めたことでも知られる蘇寧集団、中国工商銀行の不良債権処理会社が出発点で、中国国務院(内閣)との関係の強い華融資産管理など数多い。

中国企業が発行した社債のうち2021年~2023年の3年間に償還を迎えるものの総額は2兆1400億ドル(230兆円)に達するとされている。これは2018年~2020年の3年間の1.6倍の規模に相当する。今後この金額はさらに増えるだろう。デフォルト率も上がっていることからすれば、実際のデフォルト額が2倍以上に膨れ上がるのは確実だろう。

中国が国策として力を入れている半導体大手の紫光集団も破産手続きが申請された。紫光集団は精華大学系列の国有企業で、総資産は3000億元(5兆円)と言われている。アリババなどに最大77億ドル(約8500億円)で株式を購入させ、紫光集団を助けるスキームが動いているようだが、こうして共倒れ企業が拡散していく。蘇寧集団も恒大集団に対する救済出資によって経営が傾いた側面もある。

さて、「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」(ワック)で私は、中国経済はすでに崩壊過程にあり、今年後半にそれが明確になってくると書いたが、未だに中国経済崩壊を疑う声が強いのには驚く。

日本と比べてはるかに経済は好調だとされている中国で、こういう異常事態が続いていることの説明はできるのか。「エコノミスト」の方々は、中国の公式発表の数字など無視して、中国経済の真実の姿を追求すべきではないのか。

いい加減、中国幻想から目を覚ましてもらいたいものだ。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB295T70Z20C21A6000000/
www.bloomberg.co.jpの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-13/QW69FHT0AFB401
中国デフォルトの画像
https://i2.wp.com/kinyu1.com/wp/wp-content/uploads/2020/02/中国デフォルト.jpg?resize=500%2C300&ssl=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    狂気の中国! 習近平氏への「忠誠心」テストで落第点だと、記者証剥奪する! (朝香 豊)

    中国は中国メディアの記者や編集者に対して、習近平国家主席の政治…

  2. 安全保障

    中国への技術流出を防げ! あまりに甘い日本の大学!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    世界的権威はパンデミックを想定! 日本政府は大丈夫か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 経済

    中国の外貨準備は危機的状況に 資金流出への規制をさらに強化

    中国の経済がさらに壊れてきた。中国政府は海外への資…

  5. 外交

    台湾の次期副総統の頼清徳氏、アメリカで大歓待!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!訪米…

  6. 道理

    広がるベラルーシの反体制デモ! 恐れる中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ベラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    TikTokで中国のウイグル政策を批判した女子高生、アカウントが一時停止に! (…
  2. 安全保障

    中国への技術流出防止を念頭に、外資規制強化の方針!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    北朝鮮に仮想通貨の技術を伝えたことで、アメリカの専門家を逮捕!(朝香 豊)
  4. 道理

    経産省、韓国の「遺憾の意」を完全否定!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    コロナ禍で子供の諸能力が大幅低下との研究発表! ロードアイランド州での調査結果!…
PAGE TOP