安全保障

中国の統計は信用ならない! あのイランも言い出す!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イラン保健省のジャハンプル報道官は、中国当局が発表した新型コロナウイルスに関わる統計数値は「ひどい冗談」だと述べた。

同報道官は、「この病に苦しんでいるすべての国が、中国が発表する数字を信用して、これがインフルエンザに近いものだとか、インフルエンザよりも軽いものだと判断したが、そんなものではない」、「科学上の議論は政治と混同することなど断じてできないし、断じてすべきでもない」、「中国の統計よりも自分たちが見出したことに信頼を寄せている」と述べた。

アメリカと厳しい対立関係にあることから、イランは中国を頼りにしている。

そのイラン政府内部からこのような発言が飛び出すのは意外だが、そう言いたくなるくらいのひどい被害にイランは悩まされているともいえる。

これに対して、駐イラン中国大使は「毎日開いている中国の保健省の記者会見を細かくチェックしてから結論を出してもらいたい」と苦言を呈した。

様々な圧力がかかったのか、報道官は「この困難な時期においての中国のイランに対する支援は、忘れることができない」との姿勢に転換した。

それでも、イランの体制内部においても、中国に対する不満や不信が高まっていることを、この一連の事件は物語っているといえるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のナショナル・インタレストの記事
https://nationalinterest.org/blog/skeptics/even-iran-doesnt-believe-chinas-coronavirus-stats-141262
画像はGoa Cronicleの記事から
https://i1.wp.com/goachronicle.com/wp-content/uploads/2020/03/2020_3largeimg14_Mar_2020_173427013-1.jpg?fit=595%2C350&ssl=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    感染者がいないブラジルが、国家非常事態宣言! 日本は何をしているのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!未だ…

  2. 安全保障

    中国の隠蔽と捏造を国際調査せよ! 米共和党有力議員が提言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米共…

  3. 中国

    新型肺炎治療に抗HIV薬が有効か! 試用始まる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 安全保障

    WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  5. 安全保障

    カナダ、中国との自由貿易交渉中止へ! 「威圧外交」で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 安全保障

    アップルに入り込んでいた中国人スパイ、ミサイルの機密書類も所持発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アップ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「不自由展」に関わる補助金取りやめで、大村知事が国を訴えるって! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    日本で人工呼吸器の増産が進まない理由がわかった! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ジョージア州で発覚した異常開票状況! それでも主流派メディアは言い逃れに必死!(…
  4. 中国

    「ローマで中国国歌を流して中国に感謝」はやはりフェイク! 伊メディアが報じる!(…
  5. 人権・民主主義

    英国香港総領事館職員の拘束・拷問で、英外相が中国に抗議! (朝香 豊)
PAGE TOP