安全保障

フィリピン、米軍地位協定破棄を通告! 対中戦略に打撃!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

フィリピンのドゥテルテ大統領は、米政府に対して、米軍がフィリピンと合同軍事演習を行う際に必要となる協定の破棄を通告した。

実際に効力を発するのは180日後からとなる。

もしこのまま180日が経過すると、米軍がフィリピンにいることも、兵舎や物資を置くことも、様々な施設を利用することもできなくなり、ましてやフィリピン軍との共同訓練を行うことなどできなくなる。

今回の破棄通告は、ドゥテルテ大統領の信任が厚く、数千人を殺害した麻薬撲滅キャンペーンで大きな役割を果たしたフィリピンのローザ上院議員に対して、アメリカが人権侵害だとしてビザの発給をしなかったことが原因だと見られている。

ドゥテルテ大統領は、自分と対立的な立場にあるリマ上院議員を拘束しているが、アメリカがこの拘束をやめるように口出ししていることにも、内政干渉だと不快感を見せている。

リマ議員は違法な麻薬取引に関わっていたとされている。

さて、西側の価値観が尊重されるようになるには、それなりの民度が国内に成立していることが前提となる。

そこまでの民度が国全体としては育っておらず、無法者が跋扈している中では、強権的な対応もやむをえないところがあるが、そのリアリティを理解するのはなかなか難しい。

アメリカからフィリピンへの安全保証上の支援は、過去4年で5億5000万ドル以上に達しており、フィリピンには、国防上のみならず経済上も極めて重要だ。

対中政策、特に南シナ海問題でフィリピンの協力を必要とするアメリカにとっても、この協定の維持はなんとしても守りたいのが実際だろう。

この中で、日本が適切な仲介ができるかどうかは、地域の安定にとって、極めて重大だということになるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のFox NEWSの記事
https://www.foxnews.com/world/philippines-duterte-terminate-us-military-pact-security-troops-vfa

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    北朝鮮が「重大な実験」実施! ICBM用か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

  2. 人権・民主主義

    米大学生がTikTokを集団提訴! 個人情報を中国に転送で!(朝香 豊)

    密かに「個人が特定できる大量のユーザー情報を吸い上げ、中国のサ…

  3. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  4. 経済

    中国、春節休暇をさらに延長! 経済はさらにダメージ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!春節…

  5. Huawei のロゴ

    安全保障

    ファーウェイは◯か×か? 5GでEU一致の対応を! 独メルケル首相!(朝香 豊)

    ドイツのメルケル首相は、5Gの導入でEUは一致して取り組むべき…

  6. 安全保障

    北朝鮮、多弾頭ICBMを開発か? 脅威のレベルがさらにあがった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国国防…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    アメリカはイランに追加制裁! イランの体制は本物の危機に!(朝香 豊)
  2. Featured Video Play Icon

    外交

    文在寅大統領が ASEAN で日本はずし工作を始める 
  3. 経済

    対中輸出の大幅減が続いている!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    神戸鋼でも、防衛省関連情報の漏洩が発覚! 日本の対応は甘い!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ウイグルの収容所の様子を、BBCがまた放送!(朝香 豊)
PAGE TOP