未分類

トランプがバイデンを完全逆転! 英イクスプレス報道!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

英紙「イクスプレス」は、独立系シンクタンク「民主主義研究所」(Democoracy Institute)の世論調査結果として、次期大統領選挙でトランプがバイデンに3ポイントリードしたと報じた。

トランプ支持が48%、バイデン支持が45%となった。

さらに、もともと共和党と民主党が割と拮抗していて、どちらが勝つかわからないとされる州においては、トランプ支持が49%、バイデン支持が42%とその差はさらに広がり、トランプがバイデンに7ポイントの大量リードになっている。

投票日までに気持ちが変わるかもしれないとの回答はトランプ支持ではわずか3%であるのに対して、バイデン支持では9%にも達しており、トランプ支持が強固であるのに対して、バイデン支持は揺らぎやすいことを示しているのも面白い。

「民主主義研究所」の世論調査は、2016年の前回の大統領選挙結果や、イギリスがEUから離脱したBrexitの国民投票の結果を正確に予見した。

どちらにおいても、大手マスコミの一般的な論調としては逆の結果を予想していたことから、今回のこの結果についても信頼性が高いのではないかと推察されている。

選挙の最大の争点については、「法と秩序」だとする回答が37%で最も多く、「経済」だとする回答が27%でこれに次いだ。

有権者の関心が、現在の無秩序な混乱状況を早くおさめて、安定した経済を取り戻すことに向けられていることがわかり、これはトランプ陣営の考えに世間の考えが向いていることを示しているとも言えるだろう。

ただまだ投票までには2ヶ月あり、流動的要素はあるのだが、トランプ大統領の地滑り的大勝利の可能性も出てきたと言えるだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のExpressの記事
https://www.express.co.uk/news/world/1329181/us-election-2020-donald-trump-joe-biden
画像はCNNから(トランプとバイデン)
https://dynaimage.cdn.cnn.com/cnn/c_fill,g_auto,w_1200,h_675,ar_16:9/https%3A%2F%2Fcdn.cnn.com%2Fcnnnext%2Fdam%2Fassets%2F200807151226-trump-biden-split.jpg
画像はFlickrから(ドナルド・トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/5730/30020836983_0c6d0e542e_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 未分類

    朝日新聞の誤報の訂正が無残! 台風の冠水報道に関して!(朝香 豊)

    今回の台風報道に関して、朝日新聞は「台風19号の大雨で横浜国際…

  2. 未分類

    アフリカでも中国離反の動きが! 追い詰められる中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!タン…

  3. 未分類

    金正恩は本当に脳死か? それとも回復過程か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!朝鮮…

  4. 未分類

    イタリアから大統領選に介入した? イタリア連邦裁判所で証言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!情報…

  5. 未分類

    コロナ対策でEU内が分裂! 高まる相互不信!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!欧州…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    球磨川水系で甚大な被害! ダム建設を止めた勢力を曖昧にさせるな! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカ保守派が中国に対して20兆ドルの損害賠償を請求! 新型コロナウイルス!(…
  3. 道理

    パウエル弁護士、放逐! これについての自分の推測!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    対中経済安保の強化策を連発! 菅政権!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    マサチューセッツ工科大学、中国AI企業との協業を見直しへ!(朝香 豊)
PAGE TOP