外交

グレタさんを支える環境団体のバックに中国政府?(朝香 豊)

国連で怒りのスピーチを行った16歳の環境活動家グレタさんの登壇のために動いてきた環境団体「アースジャスティス」は、米下院天然資源委員会から中国政府の意を汲んで活動している疑いを掛けられている。

アースジャスティスは中国政府に都合がよく、逆に米国に不都合な活動を米国内外で展開していて、日本の沖縄県での反基地活動にも関わっている。

アースジャスティスは辺野古移設計画を非難する宣伝キャンペーンの一環として、米国大統領と日本の首相に公開書簡を送ることまで行っている。

米下院天然資源委員会はアースジャスティスに対して、こうした点を問いただす書簡を1年前に送っているが、今だに返事はないようだ。

アースジャスティスに限らず、中国のために動いている環境団体は、天然資源防衛協議会、世界資源研究所、生物多様性センターなど、数多くあることは、私たちはよく心得ておくべきだろう。

これの元ネタの大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/09/47700.html

トップ画像は business insider の記事からhttps://www.businessinsider.jp/post-199316
https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2019/09/24/5d8921fe2e22af28eb126603-w960.png

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…

関連記事

  1. 安全保障

    クルーズ船の感染は日本の不手際ではない! 日本政府は世界に訴えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!横浜…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルスで、台湾とチェコが協力協定へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 外交

    竹島はサンフランシスコ条約で韓国領! 噴飯ものの主張が韓国で登場!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 安全保障

    中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)

    中国には、海外のハイレベル人材を招致するための「千人計画」とい…

  5. 外交

    韓国向けの輸出管理強化を「差別的」だと韓国はWTOに提訴へ! 韓国の戦略性をしっかり見抜け!

    韓国政府は日本の輸出管理強化を世界貿易機関(WTO)に提訴する…

  6. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)

    強硬派のボルトン大統領補佐官解任後に融和姿勢を見せていたトラン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    語られない熱海の土石流の原因! 背後に同和あり!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    サムスン、中国検索大手の百度向けAI半導体量産へ! アメリカはどう出る?(朝香 …
  3. 人権・民主主義

    毎日新聞がれいわ新撰組の大石あきこ議員を持ち上げる記事を掲載! 疑われる中核派や…
  4. 安全保障

    韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 安全保障

    韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)
PAGE TOP