人権・民主主義

高市早苗氏の靖国関連発言を完全に歪める橋下徹氏! 維新こそこの発言を問題視せよ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

フジテレビ系列の「日曜報道」に出演した橋下徹氏が高市早苗氏の発言を大きく歪めるような発言を行ったことが物議を醸している。

経済安全保障の議論が展開される中で、橋下氏は「経済安全保障を強化していくというのはもちろん進めてもらいたいとは思うのですが、戦略物資については中国の依存度を下げる、人権侵害を行っている中国の地域・企業とは取引を停止するというのはその通りだと思うのですが、今日本の中国との取引は貿易額が第一位になっていますが、通常の中国市場も遮断していく話なんですか。靖国問題を議論した時に高市さんが中国にある日本企業はどんどん中国から移転していくから大丈夫なの、みたいな話をしていたんですが、通常の中国市場との関係はどう考えるんですか」「高市さんは中国との取引なんてなくなったって靖国参拝行くのよと言っていたので、そこで心配だったんですけどね」のように話していたのだ。

橋下氏は勝手に高市氏の発言を脳内変換してしまっただけで、悪意があったものではないだろうと信じたいが、それでもこれは明らかに事実に反する。

高市氏は、靖国に参拝することを許さないような「世界の風潮を変えたい」ということを述べていたに過ぎず、それ以上のことについては述べていない。

高市氏は、大阪の空襲があり、原爆の投下もあってアメリカに対して複雑な感情を持っているが、それでも訪米した時にはアーリントン墓地のお参りをしているという話を出した。そうした複雑な感情を持っていることを互いに脇に置いて、国家のために命を捧げた方への敬意を相互に示し合うのが健全なあり方ではないのかという当然の提起を行い、これを世界標準にしていこうということを述べたのだ。このレベルの話を外交問題であるかのように捉える従来のあり方が正しくないとの正論を主張したのであり、中国に進出している日本企業のことなど一言も触れてはいないのだ。

従来、靖国問題については、単純に行くべきか行かざるべきかのみが争われてきた。だが問われている問題はそこにあるのではなく、日本の戦没者を祀る靖国神社に参拝することだけが許されないとする歪んだ風潮が世界的に広がっていることにある。こうしたおかしな歪みがあることを世界に訴え、この風潮を変えるという最も大切なことから日本の政治家は常に逃げてきた。そして初めて、この歪みを正しく表現して世界に訴えることを正面切って口にしてくれる政治家が現れた。それが高市早苗氏である。

政治に求められるのは、国民に対しても世界に対しても必要な説明を理解されるまで徹底的に行うことである。「誤解されるからやめておこう」は正しいあり方ではない。このことを正面切って提起してくれた高市氏を、私は今後も応援したいと思う。

仮に意図せざる脳内変換であったにせよ、橋下氏は高市氏への謝罪を行うべきではないか。そしてこの発言を問題視することは、維新の議員にこそ積極的にやってもらいたい。橋下氏の発言は維新の考えであると世間は考えるところがあるわけだから、人の発言をねじ曲げて批判をするようなことは断じて許さないとの立場に維新が立つのであれば、この問題をスルーするのはあってはならないことだろう。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日曜報道の動画の該当部分

正しい国防を打ち出せるのは高市氏だけ! 河野、岸田、野田の3氏はピンボケ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6813

橋下徹氏と甘利明氏の画像
https://pbs.twimg.com/ext_tw_video_thumb/1444477974229618690/pu/img/UWqQzdZe3W835_iZ.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    米議会は超党派で中国に圧力をかけ、香港を守る意思を明確にした!

    さすが、アメリカ!米議会は、香港情勢に関し、超党派…

  2. 外交

    文在寅大統領、北朝鮮開発銀行の推進をASEANに求める方針!(朝香 豊)

    ASEAN特別首脳会議が来月釜山で開催される。この会議…

  3. 人権・民主主義

    過剰防衛に走る、中国の建国70周年軍事パレード 厳戒態勢!  (朝香 豊)

    10月1日に予定されている中国の建国70周年の軍事パレードは、…

  4. 安全保障

    リトアニアが中国製スマホの安全性を警告! ドイツが追随か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 外交

    韓国与党の放射性物質マップ、やはりデータ改竄していたことが発覚!(朝香 豊)

    韓国与党「共に民主党」が作成した日本の放射線量のマップのデータ…

  6. 中国

    北京五輪で激化する中国と韓国の対立! 来月の韓国大統領選挙にも絶大な影響!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    「感染経路が見えなくなってきた」…加藤厚労大臣! 遅いんだよ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    「日本の尊厳と国益を護る会」が、習近平国賓に反対の意見書提出!(朝香 豊)
  3. 中国

    習近平主席が姿を消す! すでに一週間!(朝香 豊)
  4. 外交

    中国企業の人工島建設提案をツバルは拒絶! 親台湾姿勢を堅持!(朝香 豊)
  5. 外交

    バイデンがトランプ外交を妨害か? 2016年の大統領選後の引き継ぎで!(朝香 豊…
PAGE TOP