安全保障

カナダ、中国との自由貿易交渉中止へ! 「威圧外交」で!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

カナダが中国との自由貿易協定(FTA)締結を目指して進めてきた交渉の打ち切りを決めた。

両国関係は、カナダ当局が2018年にファーウェイ副会長の孟晩舟氏を拘束したことをきっかけに急速に悪化した。

カナダのシャンパーニュ外相は、孟晩舟氏の釈放を求めて中国が行ってきた常軌を逸する強硬姿勢を非難し、中国とのFTA締結を「追求する価値はない」と強調した。

カナダのシャンパーニュ外相

カナダ当局の孟晩舟氏の拘束後に、中国はスパイ容疑などでカナダ人2人を拘束し、起訴した。

さらに薬物関連で拘束されたカナダ人に相次いで死刑判決を出すなどしてカナダ側に圧力を加えてきた。

こうした「人質外交」に代表される様々な中国からの圧力に対して、中国に対して弱腰と見られていたカナダ政府もついに一線を越えたわけだ。

これで、対中包囲網がまた一段と強まった形だ。

なお、こうしたカナダの行動の予兆は、1年前にすでに現れていた。

昨年のG20大阪サミットが開かれた時に、習近平総書記の隣に座ったのがカナダのトルドー首相だったが、この時にトルドー首相が一貫して習近平総書記と目を合わさないようにしている様子が動画に撮られている。

こちらの動画はブログの下の方に貼っておいたので、ご存知なければ見てもらいたい。

 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64111640S0A920C2000000/
画像はNational Postから(カナダのシャンパーニュ外相)
https://nationalpostcom.files.wordpress.com/2019/11/jfj511-the-canadian-press.jpg
画像はAsia Pacific Foundation of Canadaから(カナダと中国)
https://www.asiapacific.ca/sites/default/files/styles/apf_social/public/canada_china_relations_1_year.png?itok=44YJn46s
画像は朝日新聞から(孟晩舟)
https://www.asahicom.jp/articles/images/hw414_AS20200528000862_comm.jpg
画像はAFPBBから(中国によって起訴された2人のカナダ人)
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/f/e/1000x/img_fedbb1bd61babcc37e50aa17cdb8ac90108552.jpg
画像はGlobal News.Caから(習近平総書記とトルドー首相)
https://globalnews.ca/wp-content/uploads/2019/06/21347903.jpg?quality=85&strip=all

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    朝日新聞が創業以来の大赤字! 賃金も賞与も大幅カットへ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 外交

    林芳正外相の訪中を肯定! 福田達夫総務会長のありえない考え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  3. 中国

    コロナウイルスが武漢研究所から漏れた疑いを、中国の大富豪が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    GoogleはAI開発で中国と共同研究! 軍事部門も手がけている! (朝香 豊)

    Googleは今なお、中国のAI開発に積極的に協力している。…

  5. 安全保障

    反乱法は無理! 冷静になって考えよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私の…

  6. 経済

    EUもついに緊縮財政見直しか? 日本も続け! (朝香 豊)

    EU財務相理事会は、欧州経済が減速する中、財政規律の見直しの議…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    ドイツ製造業の見通しが暗い 世界的な経済の変調が影響している
  2. 経済

    アルゼンチンから連鎖危機か?
  3. 経済

    レバノンで反政府デモと治安部隊が激突! 400人負傷!(朝香 豊)
  4. 経済

    レジ袋の方がエコ! メーカーが主張! (朝香 豊)
  5. 外交

    竹島はサンフランシスコ条約で韓国領! 噴飯ものの主張が韓国で登場!(朝香 豊)
PAGE TOP