人権・民主主義

SNS批判で動くホーリー上院議員! 怒っているのはトランプ大統領だけではない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Twitterとトランプ大統領が激しくバトルを繰り広げているが、SNSのあり方に対して声を上げているのはトランプ大統領だけではない。

共和党のジョシュ・ホーリー上院議員は、中国に対して批判的なコメントを削除しているとして、Googleのスンダー・ピチャイCEOに対して書簡を送り、回答を求めている。

ホーリー上院議員はYouTube上で漢字で「共匪」とか「五毛党」と入力したコメントが、ほぼ瞬時に削除されたことを指摘し、こうした削除が中国共産党の司令に基づく検閲ではないかと疑っている。

ビジネス・インサイダーがこの件についてYouTube側に尋ねたところ、YouTube側は自分たちのシステムにエラーがあったので、修正したと答えた。

だが、ホーリー上院議員はGoogleの歴史を見れば、中国共産党の顔色をうかがって動いてきたのがわかると言い、2018年には「ドラゴンフライ」という中国向けのサーチエンジンの開発を行っていたことで、自社の社員も含めて幅広いところから批判を受けたことを指摘する。

ホーリー上院議員はGoogleとしてはいつこのコメント削除の問題に気が付いたか、「共匪」とか「五毛党」という用語についてどんな議論が内部で交わされたのかを明らかにするように求めている。

ホーリー上院議員は、中国共産党のメンバーや関係者とこうした用語について話をしたことがあるかも説明するように求めている。

なお、テッド・クルーズ上院議員も、GoogleとYouTubeがどうして中国共産党のためにアメリカ人の検閲を行っているのかと問うている。

アメリカにおいては、SNSの偏向性に対する保守派の圧力はどんどん高まっている。

日本もこの流れを見習うべきではないのか。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のBusiness Insiderの記事
https://www.businessinsider.com/senator-josh-hawley-criticizes-google-over-deletion-critical-china-comments-2020-5
画像も同記事から
https://i.insider.com/5ece75204dca680300185ae5?width=1300&format=jpeg&auto=webp

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    米司法省、中国スパイ事件を相次いで告発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 人権・民主主義

    学校側の反日強制に反対した高校生、懲戒処分! 韓国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国の仁…

  3. 安全保障

    接触距離とウイルスの毒性は反比例するかも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アイ…

  4. 安全保障

    中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  5. 人権・民主主義

    新型コロナウイルスを、反体制派の弾圧に使う中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    「感染経路が見えなくなってきた」…加藤厚労大臣! 遅いんだよ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    北朝鮮、日韓GSOMIA維持は「反民族的犯罪」! (朝香 豊)
  3. 経済

    新型肺炎で、企業を閉鎖する余裕はないとブラジル大統領! これは正論!(朝香 豊)…
  4. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    国防権限法案2020について、米上下両院が合意!(朝香 豊)
PAGE TOP