人権・民主主義

SNS批判で動くホーリー上院議員! 怒っているのはトランプ大統領だけではない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Twitterとトランプ大統領が激しくバトルを繰り広げているが、SNSのあり方に対して声を上げているのはトランプ大統領だけではない。

共和党のジョシュ・ホーリー上院議員は、中国に対して批判的なコメントを削除しているとして、Googleのスンダー・ピチャイCEOに対して書簡を送り、回答を求めている。

ホーリー上院議員はYouTube上で漢字で「共匪」とか「五毛党」と入力したコメントが、ほぼ瞬時に削除されたことを指摘し、こうした削除が中国共産党の司令に基づく検閲ではないかと疑っている。

ビジネス・インサイダーがこの件についてYouTube側に尋ねたところ、YouTube側は自分たちのシステムにエラーがあったので、修正したと答えた。

だが、ホーリー上院議員はGoogleの歴史を見れば、中国共産党の顔色をうかがって動いてきたのがわかると言い、2018年には「ドラゴンフライ」という中国向けのサーチエンジンの開発を行っていたことで、自社の社員も含めて幅広いところから批判を受けたことを指摘する。

ホーリー上院議員はGoogleとしてはいつこのコメント削除の問題に気が付いたか、「共匪」とか「五毛党」という用語についてどんな議論が内部で交わされたのかを明らかにするように求めている。

ホーリー上院議員は、中国共産党のメンバーや関係者とこうした用語について話をしたことがあるかも説明するように求めている。

なお、テッド・クルーズ上院議員も、GoogleとYouTubeがどうして中国共産党のためにアメリカ人の検閲を行っているのかと問うている。

アメリカにおいては、SNSの偏向性に対する保守派の圧力はどんどん高まっている。

日本もこの流れを見習うべきではないのか。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のBusiness Insiderの記事
https://www.businessinsider.com/senator-josh-hawley-criticizes-google-over-deletion-critical-china-comments-2020-5
画像も同記事から
https://i.insider.com/5ece75204dca680300185ae5?width=1300&format=jpeg&auto=webp

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    発症しても、検査でわからないことがある! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!BB…

  2. 経済

    ジャック・マーがアリババ取締役を退任! 進む毛沢東路線への回帰!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

  3. 人権・民主主義

    ペンシルバニアでもバイデンが逆転! 60万票差が消える不思議!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 人権・民主主義

    トランプは当選させない! ドミニオン社の副社長が語っていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私は…

  5. 安全保障

    新型コロナウイルスははやり人造か? 新たな疑惑が提起される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    アフガニスタンで人道支援を展開してきた中村哲医師、銃撃を受けて死亡!(朝香 豊)…
  2. 人権・民主主義

    黒人犯殺害で、アトランタ警察署長辞任! 「黒人の命」より「警察解体」!(朝香 豊…
  3. 安全保障

    歓迎! 日本政府がついに韓国との世論戦に参入方針を示す! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    まずはジョージア州からぶっ飛ばす! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港の高度な自治は衰退したと、米国務次官補!(朝香 豊)
PAGE TOP