人権・民主主義

「黒人の命は大切」でロレアルが迷走! 「白」という言葉は使わない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「黒人の命は大切」(BLM : Black Lives Matter)運動が、思いがけない影響を広げている。

高級化粧品のロレアルは、このBLM運動の広がりを受けて、BLM運動を支持する立場を表明した。

「黒人のコミュニティーを固く支持し、いかなる種類の不公正にも反対であり、声を上げることには価値がある」とする声明を、ロレアルは発表した。

ところが、これに対して、モデルのマンロー・バーグドフが異議を唱えた。

彼女はトランスジェンダーで活動家でもあり、2017年に「白人の人種差別的暴力」について口にし、ロレアルとの契約を解除されていたのである。

「人種・生い立ち・性別・宗教に関わりなく、すべての人々に対する多様性と許容を認める」とするロレアルのブランドイメージと、バーグドフのコメントは相容れないというのが、その理由だった。

白人を敵視するようなバーグドフのコメントを受け入れられないとしたロレアルの方針は、多くの白人女性を顧客として抱える同社としては、当然であっただろう。

だが、バーグドフはこれに納得しておらず、今回のBLM運動支持の発表を見て、ロレアルに噛み付いた。

「3年前にロレアルは私に何をしたのよ!」、「白人の人種差別的暴力について主張したら、ロレアルは私との契約を解除したじゃないの!」というわけだ。

バーグドフのこの主張に対して支持を表明し、ロレアルを批判するコメントがSNS上に溢れたために、ロレアルはバーグドフに対して謝罪するところまで追い込まれた。

さらに、「白い肌の推奨は人種差別につながる」との批判を受けて、ロレアルのスキンケア商品で「白」とか「明るい」といった言葉を今後は使わないとの方針を打ち出すまでに至った。

まったくもってバカげている。

白い肌に憧れる人もいれば、小麦色の肌に憧れる人もいる。

そんなのは各人の好みなのであって、こういうことを人種差別と結びつけるのがそもそもおかしいだろう。

「結婚するならやっぱりおなじ日本人がいいな」と言ったら、それはすでに人種差別なのだろうか。

良識的に考えれば明らかにおかしいことに気づくであろう。

こういう圧力のかけ方が、全体を調和に導くことはありえない。

それでもこうした理不尽なことが、ノイジーマイノリティが動くことによって押し通されている。

そこにこのBLM運動の問題点がはっきりと表れているように思う。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の共同通信の記事
https://this.kiji.is/649505814042543201
ネタ元のIndependentの記事
https://www.independent.co.uk/life-style/munroe-bergdorf-loreal-black-lives-matter-transgender-delphine-viguier-a9556181.html
画像も同上から
https://static.independent.co.uk/s3fs-public/thumbnails/image/2020/06/09/11/gettyimages-1149902327-0.jpg?w968

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 安全保障

    香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 人権・民主主義

    台湾の国家承認を各国に促す法案をアメリカが準備! (朝香 豊)

    台湾の国家承認や台湾との非政府間交流を各国に促すよう米政府に要…

  3. 道理

    国際女性デーにも表れた、台湾と韓国の落差!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!3月…

  4. 人権・民主主義

    必見! 香港警察に実弾を撃たれた若者が、一命をとりとめての記者会見!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!香港警…

  5. 道理

    NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り! (朝香 豊)

    実際ビジネスとして成立しているのかさえ怪しい、家族や友人などの…

  6. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ウガンダは中国の債務トラップにはまりつつある。中国の戦略には大いに警戒心を持つべ…
  2. 韓国・北朝鮮

    後継者は金与正氏! 金正恩氏が指名か?(朝香 豊)
  3. 安全保障

    新型肺炎患者はいないはずの北朝鮮で、なぜか休校命令!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    韓国の国家安保室長が「開いた口が塞がらないうそ」をついていると、米軍事専門家が指…
  5. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)
PAGE TOP