未分類

スリランカがデフォルトの危機! 中国の債務の罠にさらに深まる危険!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

観光が主要産業となっているスリランカは新型コロナウイルスの感染拡大で経済が大打撃を受けている。スリランカは外貨が枯渇しかけており、財政破綻も迫っている。

こうした状況のもとでスリランカのラジャパクサ大統領は中国の王毅外相と会談し、「債務の支払い条件が緩和されれば、新型コロナで経済危機に直面したスリランカにとって大きな助けになる」と救済を求めた。これに対して王毅外相は債務再調整の要請については即答を避けた。中国外務省の報道官も「スリランカが一時的な困難を克服できると信じている」などと答えるにとどめ、スリランカの要請に乗らない姿勢を示した。

スリランカは中国からの重債務に苦しむ中で、主要港であるハンバントタ港を2017年から中国側に99年間貸与することで合意している。巨大な港を作ったものの、年間の寄港船数は250隻程度にとどまっており、ハンバントタ港はほとんど稼働していない。

にも関わらず、王毅外相はこうしたハンバントタ港などの主要プロジェクトは両国協力の「エンジン」だと強調し、「中国企業の対スリランカ投資を後押しし続ける」と述べた。

国際信用格付け会社のフィッチは昨年12月にスリランカの国家信用格付けを投資不適格レベルの「CC」に引き下げた。数カ月以内にスリランカがデフォルトに陥る可能性が高まったという判断である。2022年中にスリランカが返済しなければならない外債は、元金と利子を合わせて69億ドルにも及ぶ。

一方、スリランカの外貨準備高は昨年の11月末時点で16億ドルまで減っている。中国との通貨スワップの15億ドルを確保したことで12月末には31億ドルに増えたが、それでも今年必要な69億ドルには全然届かない。

外貨を節約するために、スリランカは昨年末にナイジェリアのアブジャ、ドイツのフランクフルト、キプロスのニコシアにある領事館を閉鎖した。

イランから原油を輸入して作った負債2億5100万ドルについては、4年間で毎月500万ドル分の茶で返済するという異例の提案もした。

スリランカの対中債務は約33.8億ドルに達している。借金が返せなくなり中国の支配が強まる「債務のわな」にすでにスリランカははまっているが、これがさらに深まる懸念が強まっている。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。(リンクのブログ記事の「朝香豊は今何位?」をクリック!)

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の高圧的外交に結束して対抗しよう! トルドー首相の正論!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7154

中共「中央経済工作会議」で事実上の習近平批判! 習近平体制は来年の党大会までか?(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7105

沖縄独立運動や憲法9条改正反対運動に中国共産党の工作あり! 仏国防省傘下の研究機関が報告書まとめる!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6884

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB1128B0R10C22A1000000/
news.yahoo.co.jpの記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/8ab5faaaa9cb8cd21cdb9f069b351f6e90efdb4d
王毅外相の画像
https://www.chinadailyhk.com/attachments/image/35/113/66/429538_137954/429538_137954_800_450_jpg.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…

関連記事

  1. 未分類

    菅総理の功罪を見極めよう! 全否定も全肯定も間違い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私が…

  2. 未分類

    バイデン「黒書」がついに公開へ! トランプーバイデンTV討論の直前!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  3. 未分類

    オミクロンはワクチン4回接種でも感染防げず! 普通に経済を回すべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 未分類

    自民党が踏みとどまる! 立憲・共産は退潮!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!衆議…

  5. 未分類

    亀裂が生まれる中国とアフリカ、中国とロシア! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!広州…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    中国が対米戦略を大転換か? 環球時報が方針転換を主張! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    ディズニーやアップルを名指し批判! 対中姿勢でバー司法長官!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    サイバーセキュリティの国際組織がファーウェイの会員資格を一時停止へ! (朝香 豊…
  5. 安全保障

    TikTokの過去の買収案件の見直しを、マルコ・ルビオ上院議員が呼びかけ!(朝香…
PAGE TOP