人権・民主主義

「国家安全維持公署」の署長が決定! 対デモ鎮圧強硬派! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「香港国家安全維持法」に基づき、中国政府の出先機関「国家安全維持公署」が香港に設置された。

「国家安全維持公署」は公安警察のような機関で、香港政府の統制を受けない中央政府の機関であり、中国人民解放軍の香港駐留部隊と連携して共同で治安維持の任務にあたるとされている。

中国国務院は、この「国家安全維持公署」の署長に、対デモ強硬派として知られる鄭雁雄氏を任命した。

鄭雁雄氏は、烏坎村で起きた村民たちによる汚職への激しい抗議行動を徹底的に鎮圧したことで知られる。

烏坎村では村の土地を村の共産党の幹部が勝手に7億元余りで処分し、村民1人あたり550元(全村民で400万元)の補償金を支払い、残額が自分たちで着服するという事件が起こった。

これに対する村民たちの抗議は徐々に激しくなり、またこれを弾圧しようとする共産党側の威嚇も強まっていった。

共産党側は武装警察を投入し、催涙弾やゴム弾を使用しただけでなく、水道・電力・食料の供給を遮断したとされる。

マスコミの人間を烏坎村に入れないようにコントロールも行った。

この時の烏坎村の弾圧を行ったのが鄭雁雄氏だったということのようだ。

このようなコワモテの実績のある人物を「国家安全維持公署」の署長につけることで、香港に対する睨みを効かせようということのよう行った。

中国政府がいかに香港を恐れているかがよくわかる。
 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3291852?cx_part=latest
画像も同記事から
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/c/0/-/img_c02a4524cd144bf91ec4d75c8321658c110402.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 安全保障

    中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 人権・民主主義

    ウイグルの収容所の様子を、BBCがまた放送!(朝香 豊)

    最近、中国の人権問題に厳しい報道を続けるBBCが、国際調査報道…

  3. 安全保障

    世界的なパンデミックの可能性! ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!伝染…

  4. 安全保障

    ウイルスは10月に武漢P4実験室から漏洩か? 携帯使用記録が示唆!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米N…

  5. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    デモに参加して逮捕された人たちを支持する集会が、モスクワで開かれた! (朝香 豊…
  2. 中国

    中国で再び封鎖処置が相次ぐ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国国旗を見なかったと、フランス人選手に罰金と警告処分!(朝香 豊)
  4. 道理

    中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)…
  5. 道理

    コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)
PAGE TOP