人権・民主主義

「国家安全維持公署」の署長が決定! 対デモ鎮圧強硬派! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「香港国家安全維持法」に基づき、中国政府の出先機関「国家安全維持公署」が香港に設置された。

「国家安全維持公署」は公安警察のような機関で、香港政府の統制を受けない中央政府の機関であり、中国人民解放軍の香港駐留部隊と連携して共同で治安維持の任務にあたるとされている。

中国国務院は、この「国家安全維持公署」の署長に、対デモ強硬派として知られる鄭雁雄氏を任命した。

鄭雁雄氏は、烏坎村で起きた村民たちによる汚職への激しい抗議行動を徹底的に鎮圧したことで知られる。

烏坎村では村の土地を村の共産党の幹部が勝手に7億元余りで処分し、村民1人あたり550元(全村民で400万元)の補償金を支払い、残額が自分たちで着服するという事件が起こった。

これに対する村民たちの抗議は徐々に激しくなり、またこれを弾圧しようとする共産党側の威嚇も強まっていった。

共産党側は武装警察を投入し、催涙弾やゴム弾を使用しただけでなく、水道・電力・食料の供給を遮断したとされる。

マスコミの人間を烏坎村に入れないようにコントロールも行った。

この時の烏坎村の弾圧を行ったのが鄭雁雄氏だったということのようだ。

このようなコワモテの実績のある人物を「国家安全維持公署」の署長につけることで、香港に対する睨みを効かせようということのよう行った。

中国政府がいかに香港を恐れているかがよくわかる。
 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3291852?cx_part=latest
画像も同記事から
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/c/0/-/img_c02a4524cd144bf91ec4d75c8321658c110402.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    「慰安婦ビジネス」が明らかになった尹美香氏! 反日活動に大打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元慰…

  2. 人権・民主主義

    香港の攻防は心理戦! 香港市民はぜひデモに参加を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!7月…

  3. 安全保障

    香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 安全保障

    日本旅行のタイ人が新型肺炎に感染! 日本の後手後手対応の帰結!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ペンシルバニアでもバイデンが逆転! 60万票差が消える不思議!(朝香 豊)
  2. 経済

    着実に進む中国のバブル崩壊! 「四川信託」破綻が示すもの!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    歓迎! 日本政府がついに韓国との世論戦に参入方針を示す! (朝香 豊)
  4. 経済

    Googleは脱税捜査を受け、1200億円支払いでフランスと合意 国際課税の統一…
  5. 中国

    「文革」が復活する中国! その一方で権力の分裂も進む!(朝香 豊)
PAGE TOP