人権・民主主義

「国家安全維持公署」の署長が決定! 対デモ鎮圧強硬派! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「香港国家安全維持法」に基づき、中国政府の出先機関「国家安全維持公署」が香港に設置された。

「国家安全維持公署」は公安警察のような機関で、香港政府の統制を受けない中央政府の機関であり、中国人民解放軍の香港駐留部隊と連携して共同で治安維持の任務にあたるとされている。

中国国務院は、この「国家安全維持公署」の署長に、対デモ強硬派として知られる鄭雁雄氏を任命した。

鄭雁雄氏は、烏坎村で起きた村民たちによる汚職への激しい抗議行動を徹底的に鎮圧したことで知られる。

烏坎村では村の土地を村の共産党の幹部が勝手に7億元余りで処分し、村民1人あたり550元(全村民で400万元)の補償金を支払い、残額が自分たちで着服するという事件が起こった。

これに対する村民たちの抗議は徐々に激しくなり、またこれを弾圧しようとする共産党側の威嚇も強まっていった。

共産党側は武装警察を投入し、催涙弾やゴム弾を使用しただけでなく、水道・電力・食料の供給を遮断したとされる。

マスコミの人間を烏坎村に入れないようにコントロールも行った。

この時の烏坎村の弾圧を行ったのが鄭雁雄氏だったということのようだ。

このようなコワモテの実績のある人物を「国家安全維持公署」の署長につけることで、香港に対する睨みを効かせようということのよう行った。

中国政府がいかに香港を恐れているかがよくわかる。
 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3291852?cx_part=latest
画像も同記事から
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/c/0/-/img_c02a4524cd144bf91ec4d75c8321658c110402.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    武漢の研究室で漏洩か? 米国務省が新情報を公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    中国国旗を見なかったと、フランス人選手に罰金と警告処分!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    国立墓地から「親日派」を掘り返す? 韓国国会で今秋可決か!(朝香 豊)
  2. 中国

    吉林省でも新型肺炎の流行再発! 舒蘭市で強力な都市封鎖!(朝香 豊)
  3. 経済

    安倍総理、大型の景気対策を指示か?(朝香 豊)
  4. 経済

    COP25での日本非難に迎合するな! 日本ほどの環境先進国はない!(朝香 豊)
  5. 中国

    中国発の原因不明の肺炎! 香港・マカオ・台湾・韓国にも拡大!(朝香 豊)
PAGE TOP