人権・民主主義

拉致問題を教育で扱ってはいけない! 立憲民主党議員の本音!?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

立憲民主党所属で摂津市議会のにしたに知美議員が、「拉致問題を教育に持ち込むことを反対しています。拉致被害者の奪還とは別問題です。」とツイートしたことがネット上で話題になっている。

拉致問題が教育現場で教えられることにどういう問題があるのだろうか。北朝鮮に対するネガティブなイメージが広がり、それが在日朝鮮・韓国人に対する差別につながるという論理なのだろうと一応推察してみた。他にも可能性はあるだろうが、この推測が最も穏当なものだと私自身は考えている。

だが、たとえこの推測通りであるとしても、ここには重大な問題がある。

事実そのものを指し示すことが「ヘイト」や「差別」につながるとして問題視する点だ。これは特定の立場を「正しい」と考えた上で、その立場にとって都合の悪い事実を世間に広がらないようにすることを正当化する議論である。このことの重大性にこの議員は気づいていないということなのだろう。

むしろ反対に、我々はいくら不都合であったとしても、事実から目を逸らしてはいけないではないのか。イデオロギーをまずは傍に置いておいて、事実をなるべく客観的に捉えようとすることが正しい手順にとって不可欠であると考える。そしてそういう正しい態度を教育現場で育てていくことも大切ではないかと私は思う。

もちろん事実を知ったことで、拉致事件とは無関係な在日朝鮮・韓国人に対しても差別的な捉え方をする人も出てくることにはなろうだろう。だが、そうした場合の問題は事実そのものを知らせるべきかどうかという問題と区分けして考えるべきではないのか。

さらに言えば、北朝鮮の政府、政治家、マスコミが日本に対して客観的な視線を向けているとはとても思えない現状を、この議員は全く考えていないところも問題である。

例えば1年ほど前に北朝鮮の「祖国平和統一委員会」は「日本は私たちの民族に計り知れない不幸と苦痛を強要した不倶戴天の敵である」「民心を捨てて『関係改善』を請託しひざまずくことは民族反逆であり、親日売国だ」などと書き連ねた記事を上げた。こうしたことがいくらでも行われていることをこの議員は知らないわけはないだろうが、こうした北朝鮮による日本敵視を果たして問題視することを行っているのだろうか。

さて、立憲民主党はこの議員をどのように扱うのだろうか。

立憲民主党は北朝鮮とのつながりをかねてから指摘されている政党である。それゆえになおさら、この議員に対する処分には注目しておきたい。

除名にできないようであれば、党内の意見としてこういう見方を許容する姿勢を立憲民主党が持っていることを認めることになる。それは立憲民主党が根本的には反日的政党であるということを自ら立証するということになるのではないか。

どんな対応を見せるのか、注目しておこう。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

病院新設に不満が出る北朝鮮! 基礎的物資が不足し、貧苦に喘ぐ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7140

自民党の重鎮の山﨑拓が辻元清美の応援演説! 断じて許してはならない!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6973

にしたに知美議員のツイート
https://twitter.com/tomominishitani/status/1476905104619933701?s=20
j-castの記事
https://www.j-cast.com/2020/10/27397512.html?p=all

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  4. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

    香港のキャリー・ラム行政長官が意味深な発言。発表し…

  2. 安全保障

    ホンハイ精密工業の郭台銘氏は無所属で総統選出馬か? (朝香 豊)

    郭台銘氏が国民党を離党した。郭台銘氏は国民党の総統選出…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    骨のある市長だ! チェコのプラハ市長が北京市との姉妹都市を解消決断!(朝香 豊)…
  2. 道理

    キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 安全保障

    中国がコロナのアメリカ流出説で反転攻勢! 実は追い詰められている中国!(朝香 豊…
  4. 安全保障

    中国共産党もクライアント! バイデン一家のビジネス!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    日本政府は中国のダンピングを止めるべき! 中国製EVバスの危険!(朝香 豊)
PAGE TOP