安全保障

北朝鮮に仮想通貨の技術を伝えたことで、アメリカの専門家を逮捕!(朝香 豊)

アメリカ政府は米国の制裁を逃れられるブロックチェーン技術を北朝鮮に教えたことで、アメリカ人の仮想通貨の専門家を逮捕した。

この専門家は平壌で行われた仮想通貨に関する会議に出席し、どうすればマネーロンダリングを行い、制裁を回避できるかを伝えたとされる。

アメリカ政府が出席許可を出さなかったのを無視して参加していた。

国際緊急経済権限法(IEEAPA)違反の罪で、懲役20年に服する可能性もある。

こうした厳しい処置を下すことには、アメリカ国内のハッカー集団からも激しい反発が起こっている。

今回教えた内容なんてありふれたレベルの話だし、北朝鮮の仮想通貨なんてどうせ大したことないんだからと甘く見る考えが背景にあるのだろうと思われる。

だが、芽が小さいうちから摘んでおこうとするアメリカの姿勢には、我が国も学ぶべきものが多いのではないかと思う。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元のbusinessinsiderの記事https://www.businessinsider.com/cryptocurrency-expert-charged-helping-north-korea-evade-sanctions-2019-11

※日本再興のために、1)リンク先に飛んで、2)「人気ブログランキング」のアイコンをクリックして、朝香 豊を応援してください。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスの専門家会議! 対応がのろすぎる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. Huawei のロゴ

    安全保障

    これは痛い! フランスは5Gからファーウェイを排除せず!(朝香 豊)

    フランスのパニエリュナシェ経済・財務副大臣は、次世代通信規格「…

  3. 安全保障

    湖北省観光客のビザを延長! 彼らの健康は日本政府が責任を持つことか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!大阪…

  4. 安全保障

    接触距離とウイルスの毒性は反比例するかも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アイ…

  5. 安全保障

    羽田空港の給水停止騒ぎに、関空でのドローン事件! テロの事前演習か? (朝香 豊)

    羽田空港では、航空機を洗う洗機場から「水から塩気を感じる」と通…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国政府はアメリカ政府の支援を拒否! 新型肺炎!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    マサチューセッツ工科大学、中国AI企業との協業を見直しへ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    スクープ! ウクライナ機の撃墜を、イランのトップはやはり最初から知っていた!(朝…
  4. 人権・民主主義

    ナイジェリアの法律家連合も中国を提訴! 200兆円を要求! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国でチョ・グク支持派のデモが150万人規模で開かれた!? (朝香 豊)
PAGE TOP