安全保障

北朝鮮に仮想通貨の技術を伝えたことで、アメリカの専門家を逮捕!(朝香 豊)

アメリカ政府は米国の制裁を逃れられるブロックチェーン技術を北朝鮮に教えたことで、アメリカ人の仮想通貨の専門家を逮捕した。

この専門家は平壌で行われた仮想通貨に関する会議に出席し、どうすればマネーロンダリングを行い、制裁を回避できるかを伝えたとされる。

アメリカ政府が出席許可を出さなかったのを無視して参加していた。

国際緊急経済権限法(IEEAPA)違反の罪で、懲役20年に服する可能性もある。

こうした厳しい処置を下すことには、アメリカ国内のハッカー集団からも激しい反発が起こっている。

今回教えた内容なんてありふれたレベルの話だし、北朝鮮の仮想通貨なんてどうせ大したことないんだからと甘く見る考えが背景にあるのだろうと思われる。

だが、芽が小さいうちから摘んでおこうとするアメリカの姿勢には、我が国も学ぶべきものが多いのではないかと思う。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元のbusinessinsiderの記事https://www.businessinsider.com/cryptocurrency-expert-charged-helping-north-korea-evade-sanctions-2019-11

※日本再興のために、1)リンク先に飛んで、2)「人気ブログランキング」のアイコンをクリックして、朝香 豊を応援してください。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  2. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    まじか? 中国共産党が政策白書で中国の崩壊に言及! (朝香 豊)

    中国政府は政策白書を公表した。この中には、共産党の統一…

  4. 安全保障

    日本旅行のタイ人が新型肺炎に感染! 日本の後手後手対応の帰結!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

  5. 安全保障

    中国はアメリカに報復する! ファーウェイが脅す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  6. 安全保障

    釜山市は「慶祝・中華人民共和国建国70周年」の横断幕を許可! (朝香 豊)

    釜山市は3箇所の歩道橋に、韓中友好親善協会が申請した「慶祝・中…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    北朝鮮船が日本の水産庁船に衝突も船員全員救助! だが…(朝香 豊)
  2. 経済

    ミンクからの感染確認でミンクを殺処分へ! 過剰対応ではないのか?(朝香 豊)
  3. 経済

    サンダースの危険性! 過小評価するな!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)
  5. 道理

    中国で新たなペスト確認! ネットの投稿は強制削除!(朝香 豊)
PAGE TOP