経済

FRBもデジタル通貨発行に向けて動き出す! 日本も研究を加速せよ!(朝香 豊)

囲み枠b


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの中央銀行である「連邦準備制度理事会」(FRB)のパウエル議長は、米ドルについて「世界の基軸通貨としての地位を保つ必要がある」との立場から、「デジタル通貨は、我々が最も先端で、最も深く理解しなければいけない」と述べた。

これまでアメリカは、デジタル米ドルについて、サイバー攻撃などのリスクが大きいなどの理由から消極的だと見られていたが、方針をはっきりと転換した。

デジタル通貨は資金の移動の際に金融機関を利用する必要がない。

海外送金などでも格段に便利になることが期待できるが、マネーロンダリングに簡単に利用できるようになるなどの問題があるとされてきた。

中国はすでに国内の一部地域でデジタル人民元の実証実験を始めており、これを世界的に広げることで人民元の国際化を成し遂げようとしている。

これに対抗する必要があることを、FRBが公式に認めたということだろう。

日本円も遅れないようにしたいものだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60480350Y0A610C2000000/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  2. 経済

    「歴史的合意」」なのに、石油価格は低迷を続ける! 壊れる世界経済!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!サウ…

  3. 経済

    日本の今年の出生数86万4千人に! 大胆な少子化対策は待ったなし!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今年…

  4. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)

    強硬派のボルトン大統領補佐官解任後に融和姿勢を見せていたトラン…

  5. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!29…

  6. 経済

    世界経済成長率見通し、IMFはまた引き下げ! 世界の景気減速は隠しようもない!(朝香 豊)

    IMF(国際通貨基金)は世界経済見通しを、前回実施の7月の見通…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    世界経済成長率見通し、IMFはまた引き下げ! 世界の景気減速は隠しようもない!(…
  2. 人権・民主主義

    中国の大学憲章から「思想の自由」が消える! 学生が抵抗!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    拉致被害者だけではない! 北朝鮮「帰国事業」の被害者も取り返せ!(朝香 豊)
  4. 中国

    なおも続く中国の豪雨! 三峡ダムは全力で放水! 下流域の被害は甚大!(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    バイデン政権発足! 陰謀論から決別を!(朝香 豊)
PAGE TOP