安全保障

米下院が大学への中共のスパイ工作の調査を教育省の要求! 中共を許すな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米下院の各種委員会に所属する共和党の有力議員たちは、中国共産党がアメリカ国内で展開する学術スパイ活動を調査すると発表し、教育省に関連する情報を要求した。

下院内の様々な8つの委員会のリーダーが、デボス教育長官に共同書簡を送った。

書簡は、連邦納税者の資金を受けている大学が、中国や中国共産党、またはその関連組織から資金を受け取っているかどうかを教育省は調査しなければならず、高等教育法により、高等教育機関は「海外からの寄付品を開示すること」が求められているとし、2018年1月1日から現在までの、大学や教授への外国からの贈与について、調査に関連するすべての情報を議会に提供するよう要請した。

書簡にはまた、「中国共産党政権がアメリカの大学に戦略的な投資を行い、大学キャンパスをアメリカの学生に中共を支持する考えを植え込む場所に変えようとしていることを懸念している」との記述もある。

スタンフォード大学フーバー研究所の2018年の報告書によれば、アメリカの中等教育には500以上の孔子課堂があり、大学にも約110の孔子学院がある。

これらの教育機関は表向きでは中国の言語や文化を教えていることになっている。

だが、こうした機関は中国共産党のプロパガンダを推進するための手段としてアメリカの大学を利用することで、学問の自由に危険を及ぼしているのだという指摘がある。

下院監視委員会のジョーダン副委員長は、「新型コロナウイルス発生初期の中共の隠ぺい工作は、米国と世界に計り知れない影響を与えた 」、「アメリカの国民のために、私たちは中国に責任を問うとともに、中国がこれ以上わが国に害を及ぼすことを防ぐべきだ 」、「危険な共産主義体制が、金さえ出せば我々の高等教育機関を利用できるのを見過ごしてはならない」と述べ、中国に対する警戒心を鮮明にした。

下院教育労働委員会のフォックス議員は、「新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に対して中国が透明性と責任を欠如していることで、世界中の地域社会・ビジネス・学校には快適影響を及ぼした」と非難した。

新型コロナウイルスの感染によって、アメリカではすでにベトナム戦争よりも多くの死者が出る事態となった。

中国共産党を許すなという意識がアメリカの中で一般化するのは当然だろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のFOX NEWSの記事
https://www.foxnews.com/politics/chinese-efforts-to-infiltrate-us-colleges-gop-scrutiny

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 安全保障

    米内務省、中国製ドローン800機を使用停止! 調査開始へ! (朝香 豊)

    アメリカの内務省は、保有する中国製のドローン全ての利用を停止し…

  2. 外交

    中国が対米戦略を大転換か? 環球時報が方針転換を主張! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    文在寅大統領は「安定・終息」判断していた! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!文在…

  4. 経済

    中国リニアが時速600キロ試験走行成功! 怒れ、日本の技術流出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「中…

  5. 安全保障

    中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リー…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)
  4. 経済

    韓国のルノーサムスンが夜間生産を停止! 強硬な組合員を排除して昼間だけ生産へ!(…
  5. 中国

    「文革」が復活する中国! その一方で権力の分裂も進む!(朝香 豊)
PAGE TOP