安全保障

アトランタの白人警官は死刑の可能性も! 道理が通じないアメリカ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アトランタで白人警官が黒人の犯人を射殺した事件で、地元の検察は白人警官に対して重罪謀殺(felony murder)の疑いで訴追した。

事件の概要はご存知の人も多いと思うが、簡単にまとめておく。

ウェンディーズのドライブスルーで順番待ちをしているうちに寝込んでしまった黒人が通報され、駆けつけた警官がアルコール検査をしたところ、陽性反応が出た。黒人は捕まるのを恐れて逃げ出そうとし、警官ともみ合いになった挙句に、警官の持つスタンガンを奪って逃走し始め、黒人がこれを追いかける警官に対して向ける動きを示したため、警官が発砲し、撃ちどころが悪かったためか、死亡したという事件だ。

この警官の行動は過剰防衛であるとされ、警察官の行動として不適格だったということで、すぐさま懲戒免職になっただけでなく、重罪謀殺にも問われた。

この意味合いは非常に重く、この元警官は終身刑とか死刑になる可能性もあるという。

重罪謀殺というのは、意図せずに人を殺してしまった場合でも、他に重大な犯罪を犯している場合に、殺人罪を適用するというものだ。

例えば、スーパーに押し入って現金を奪おうとした場合に、店員に反撃されたために、思わず銃を放ったら、思いがけずに死んでしまったといった場合に、「過失致死」とかではなくて「殺人」が問われることになるというような話だ。

確かに、この警官にも問題行動はあった。

銃撃されて倒れている黒人を2度蹴り、救命処置を取り始めるまでに2分ほどの時間がかかっている。

感情的に許せない気分が強かったのだろうが、だからと言って許される行動ではない。

それでも、この警官の場合に重罪謀殺を適応するのが適切であるとはとても思えない。

スタンガンなら離れたところから向けられても脅威にはならないということだろうが、とっさに向けられた銃が奪われたスタンガンかそうでないかについて、即座に認識できるものなのだろうか。

場合によっては死刑になったとしても当然の重大な犯罪を、この警官が犯したことになるのだろうか。

これでは、犯人が黒人なら見逃すほうが無難ということになりはしないか。

こんな道理から外れたことが「当然」だとみなすような異常なことが、今のアメリカでは広がっている。

良識あるアメリカ国民の大半は特に声を上げたりはしないだろうが、この運動の異常性と危険性に気づいていっていることを願う。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/us-minneapolis-police-atlanta/atlanta-police-officer-charged-with-murder-in-shooting-death-of-rayshard-brooks-idUSKBN23O1IO
画像はInsiderの記事から
https://www.insider.com/atlanta-rayshard-brooks-police-garrett-rolfe-training-deescalation-cultural-awareness-2020-6
https://i.insider.com/5ee5ab4e3ad8611b793407f3?width=1100&format=jpeg&auto=webp

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    NATO、中国の軍事拡大を注意深く監視へ! 宇宙も作戦領域に入れる! (朝香 豊)

    NATOは、ブリュッセルで外相理事会を開催し、中国の軍事拡大を…

  2. 安全保障

    フィリピンの電力網はいつでも中国が遮断可能と、内部報告書!(朝香 豊)

    フィリピンの議員向けの内部報告書に、同国の電力供給網は中国政府…

  3. 安全保障

    中国の知的財産窃盗対策に遅れがあることを焦るアメリカ! もっとゆるい日本!(朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガですでに流していた記事を、ブログに再掲載いたしま…

  4. 人権・民主主義

    銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  5. 人権・民主主義

    韓国銀行のまとめた報告書が執筆者に無断で改竄された!(朝香 豊)

    韓国の中央銀行である韓国銀行は昨年、最低賃金の影響に関する報告…

  6. 安全保障

    「北朝鮮はこの地域で最も差し迫った脅威」と、米司令官!(朝香 豊)

    アメリカ・インド太平洋軍のデービッドソン司令官は、ミサイル発射…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の国有企業がまたデフォルト! 青海省投資集団、利払いできず!(朝香 豊)
  2. 未分類

    ドミニオンの嘘が完全崩壊! ジョージア州公聴会!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    ニュージーランドには謝罪しない! 韓国外交官が犯したセクハラ事件で康京和氏!(朝…
  5. 安全保障

    アメリカはイランに追加制裁! イランの体制は本物の危機に!(朝香 豊)
PAGE TOP