人権・民主主義

なんと、韓国で「慰安婦像を撤去せよ!」の抗議行動!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ソウルの日本大使館前には慰安婦像が建てられ、日本政府を糾弾する集会が毎週水曜日に開かれている。

「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連、旧挺対協)が開いているものだ。

この集会が行われているところからわずか数十メートル離れたところで、同じ水曜日に、慰安婦像の撤去と反日集会の中止を求める抗議行動が、韓国民の手で行われるようになった。

4日に引き続いて、11日にも開かれた。

この抗議行動で積極的に動いているのは、「反日種族主義」の共同著者の一人で、落星台経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)研究委員らである。

「慰安婦像を撤去せよ、水曜集会を中止せよ」、「歴史歪曲、反日助長」などと書かれたプラカードが掲げられた。

この抗議行動に反発する人たちが集まり、抗議行動を行う彼らに罵声を浴びせ、批判を込めたネット中継を続けて圧力をかけた。

当然ながら、抗議行動を行う彼らの人数は、その批判を行うために集まってきた人数よりずっと少なかった。

それでも彼らは「ゆがんだ歴史観を批判し、歴史の事実を示す」という信念を貫いて行動している。

命がけの彼らの勇気に敬意を表する。

彼らを支持したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/191211/wor1912110023-n1.html
画像も同記事から
https://www.sankei.com/images/news/191211/wor1912110023-p1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 人権・民主主義

    ペンシルバニアでもバイデンが逆転! 60万票差が消える不思議!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 人権・民主主義

    ドイツのメルケル首相が中国に対して香港の件で釘をさす!

    いいぞ、メルケル!ドイツのメルケル首相は中国の李克…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    アメリカで検問中の警官が射殺される! BLM運動の見直しを!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    無責任な脱原発の訴え! もはや老害でしかない元首相5人組!(朝香 豊)
  3. 道理

    欧州でコロナ陽性者急増! でも死者は全然増えていない!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「国家安全維持公署」の署長が決定! 対デモ鎮圧強硬派! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    フェイスブックが反中共姿勢を鮮明にする新聞の広告を拒絶! 共和党下院議員が問題視…
PAGE TOP