人権・民主主義

なんと、韓国で「慰安婦像を撤去せよ!」の抗議行動!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ソウルの日本大使館前には慰安婦像が建てられ、日本政府を糾弾する集会が毎週水曜日に開かれている。

「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連、旧挺対協)が開いているものだ。

この集会が行われているところからわずか数十メートル離れたところで、同じ水曜日に、慰安婦像の撤去と反日集会の中止を求める抗議行動が、韓国民の手で行われるようになった。

4日に引き続いて、11日にも開かれた。

この抗議行動で積極的に動いているのは、「反日種族主義」の共同著者の一人で、落星台経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)研究委員らである。

「慰安婦像を撤去せよ、水曜集会を中止せよ」、「歴史歪曲、反日助長」などと書かれたプラカードが掲げられた。

この抗議行動に反発する人たちが集まり、抗議行動を行う彼らに罵声を浴びせ、批判を込めたネット中継を続けて圧力をかけた。

当然ながら、抗議行動を行う彼らの人数は、その批判を行うために集まってきた人数よりずっと少なかった。

それでも彼らは「ゆがんだ歴史観を批判し、歴史の事実を示す」という信念を貫いて行動している。

命がけの彼らの勇気に敬意を表する。

彼らを支持したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/191211/wor1912110023-n1.html
画像も同記事から
https://www.sankei.com/images/news/191211/wor1912110023-p1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    話を作っての主張はやめるべきだ! 生活保護費の引き下げ問題!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!憲法…

  2. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

  3. 人権・民主主義

    想像を絶するモスクの大量破壊! 新疆ウイグル自治区!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

  4. 人権・民主主義

    パウエル弁護士のウェブサイトへのリンクをブロック! ツイッター!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米大…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    首里城正殿には電気コードが溶けた痕が見つかる! 管理責任のある沖縄県側の説明はウ…
  2. 人権・民主主義

    ハンター・バイデンの新たな疑惑発覚! 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    カナダから武漢ウイルス研究所へエボラウイルスが運ばれていた! コロナウイルスへの…
  4. 安全保障

    BHRパートナーズをめぐる疑惑! ハンターのビジネスの闇!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    太平洋島嶼国の光ケーブル事業で中国排除! 対中姿勢に大きな変化!(朝香 豊)
PAGE TOP