経済

FRBのパウエル議長がさらなる財政政策を求める! 問われる日本との違い!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのFRBのパウエル議長は、「この下降局面の規模とスピードは現代において前例がなく、第2次世界大戦以降のどのリセッション(景気後退)よりもはるかに深刻だ」と、オンラインでの講演で述べた。

アメリカの景気回復は、当初想定されていたより長く掛かりそうな兆候が出ており、「ナイキのロゴ」のようになるのではないかと言われることもある。

V字型の回復はとても見込めず、低迷状況が長続きするという意味だ。

長期にわたる深刻な不景気で大量の労働者の失業状態が続き、中小零細企業の倒産が相次ぐことになれば、労働者や会社が蓄積してきた技能が失われることになる。

パウエル議長はこの点を大いに心配している。

さて、アメリカ議会はこれまで、GDPの約14%に相当する2兆9000億ドル(約310兆円)におも及ぶ財政出動を決定し、家計、企業、医療従事者、州政府の支援を進めてきた。

これは日本の財政政策と比べれば遥かに巨額のものであり、パウエル議長も「戦後のどの景気悪化への対応としても最も迅速で大規模だ」と評価している。

それでも、「今後の道のりは極めて不透明で大きな下方リスクにさらされているため、それで最後ということにはならないかもしれない」とし、政府と議会にさらなる財政支出を用意する必要を訴えた。

パウエル氏は「追加的な財政支援は高くつく可能性があるが、もし長期的な経済的損害を回避し、より力強い回復が伴うならば、その価値はあるだろう」とし、目先の財政を気にする必要がまったくないことを鮮明にしている。

さて、これと同じ発想が日本の財務省にはまったくないのは、もはや残念というレベルでは表せない。

怒りと絶望が湧いてくる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のウォール・ストリート・ジャーナルの記事
https://jp.wsj.com/articles/SB12469121534058374141504586381943391026456
画像も同記事から
https://images.wsj.net/im-186102?width=1260&size=1.5

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 経済

    中国で大物経営者が次々退任・失脚! 民営企業受難の時代に! (朝香 豊)

    アリババ創業者の馬雲氏がアリババ会長を退任したのに続いて、テン…

  2. 経済

    トランプも、対抗馬の民主党候補も、対中政策のジレンマに陥っている!

    トランプ大統領が中国に仕掛けた貿易戦争が米国経済にもたらす悪影…

  3. 経済

    4月の消費支出は11.1%減! 過去にない落ち込み!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!4月…

  4. 経済

    資本論をブームとして持ち上げるNHK ! 実は自らがブームの火付け役のマッチポンプ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!およ…

  5. 経済

    中国企業の過剰債務! システミック・リスクの危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 経済

    中国、工場稼働中断を勧告! 韓国企業に大打撃! 日本経済も笑えない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    国防権限法案2020について、米上下両院が合意!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ウイグルでは豚肉を食べるのを強制するだけでなく、豚肉生産基地化の計画が動いている…
  3. 人権・民主主義

    香港民主派議員が襲撃され、耳を半分食いちぎられる!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    英テスコ、中国工場の稼働を一時停止! 受刑者の強制労働の疑いで!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    黒人を膝で抑え込んだ警官に殺人罪の評決! 見過ごせないアメリカの全体主義!(朝香…
PAGE TOP