経済

FRBのパウエル議長がさらなる財政政策を求める! 問われる日本との違い!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのFRBのパウエル議長は、「この下降局面の規模とスピードは現代において前例がなく、第2次世界大戦以降のどのリセッション(景気後退)よりもはるかに深刻だ」と、オンラインでの講演で述べた。

アメリカの景気回復は、当初想定されていたより長く掛かりそうな兆候が出ており、「ナイキのロゴ」のようになるのではないかと言われることもある。

V字型の回復はとても見込めず、低迷状況が長続きするという意味だ。

長期にわたる深刻な不景気で大量の労働者の失業状態が続き、中小零細企業の倒産が相次ぐことになれば、労働者や会社が蓄積してきた技能が失われることになる。

パウエル議長はこの点を大いに心配している。

さて、アメリカ議会はこれまで、GDPの約14%に相当する2兆9000億ドル(約310兆円)におも及ぶ財政出動を決定し、家計、企業、医療従事者、州政府の支援を進めてきた。

これは日本の財政政策と比べれば遥かに巨額のものであり、パウエル議長も「戦後のどの景気悪化への対応としても最も迅速で大規模だ」と評価している。

それでも、「今後の道のりは極めて不透明で大きな下方リスクにさらされているため、それで最後ということにはならないかもしれない」とし、政府と議会にさらなる財政支出を用意する必要を訴えた。

パウエル氏は「追加的な財政支援は高くつく可能性があるが、もし長期的な経済的損害を回避し、より力強い回復が伴うならば、その価値はあるだろう」とし、目先の財政を気にする必要がまったくないことを鮮明にしている。

さて、これと同じ発想が日本の財務省にはまったくないのは、もはや残念というレベルでは表せない。

怒りと絶望が湧いてくる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のウォール・ストリート・ジャーナルの記事
https://jp.wsj.com/articles/SB12469121534058374141504586381943391026456
画像も同記事から
https://images.wsj.net/im-186102?width=1260&size=1.5

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)

    強硬派のボルトン大統領補佐官解任後に融和姿勢を見せていたトラン…

  2. 安全保障

    IMFがさらなる財政出動を要請! 新型コロナ対策!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!IM…

  3. 経済

    20年前に接収した白人経営者の農地を返還へ! ジンバブエ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジン…

  4. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性も!

    中国では今年上半期(1月〜6月)に不動産会社271社が破産宣告…

  5. 経済

    北朝鮮のマネロンに中国人が関与! 米の真のターゲットは中国の銀行かも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)

    イランのサウジアラビアへの攻撃が確実視される中で、トランプ大統…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    台湾で観客のいるプロ野球試合が始まる! 新型コロナ克服!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国からの資金提供を隠蔽した研究で54人が解雇! 米国立衛生研究所!(朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    香港で反体制派に対する暴力が頻発! 暴力で萎縮させる路線か? (朝香 豊)
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスで、中国がデマ情報か? 台湾で指摘!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ドイツは中国軍への支援中止を! 香港民主派の黄之鋒氏!(朝香 豊)
PAGE TOP