経済

追い込まれたソフトバンクG! 約1兆円の赤字発表!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ソフトバンクグループは、令和2年3月期の連結最終損益が9615億円の赤字となったことを発表し、約10兆円を運用する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」でも、約1兆9千億円もの損失を計上した。

シェアオフィスのWeWorkのみならず、配車システムのUber、ホテルチェーンのOyoなど、ほとんどの投資事業がうまく行っていない。

衛星通信企業のワンウェブも破綻し、AI技術のクラウドマインズの開発情報を中国に持ち出すこともアメリカ政府から禁じられ、収益性に疑問符がついた。

こうした厳しい状況に追い込まれて、ソフトバンクグループは、スプリントと合併したばかりのTモバイル(米携帯電話事業会社)を、ドイツテレコムに売却する協議を始めた。

ソフトバンクの経営はまさに火が付いた状態だと言えるだろう。

なお、アリババのCEOだったジャック・マー氏が、ソフトバンクグループの取締役を退任することが発表された。

沈む行く船からは距離を置きたいということだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-18/QAIEZYDWLU6N01
ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/economy/news/200518/ecn2005180019-n1.html
ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/nkd/industry/article/?DisplayType=1&n_m_code=142&ng=DGXMZO59225600Y0A510C2000000
画像は同記事から
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO5922580018052020I00001-PN1-4.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=bb52c592b6bf1bf30ffd79012dec3927

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 安全保障

    2022年まで断続的に都市封鎖が必要かも! ハーバード大学の研究結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハー…

  2. 経済

    ファーウェイに対する中国政府からの補助金は8兆円超かも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ファ…

  3. 経済

    20年前に接収した白人経営者の農地を返還へ! ジンバブエ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジン…

  4. 経済

    今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)

    東京電力パワーグリッドは台風襲撃から5日目の13日に、今後の復…

  5. 経済

    コロナ対策で社会主義化は必然! 中野剛志氏! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!MM…

  6. 経済

    FRBのパウエル議長がさらなる財政政策を求める! 問われる日本との違い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    ジャパンライフから朝日新聞元幹部が多額の顧問料を受領していた!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
  3. 安全保障

    ドミニオンの不正の証拠! 公開の許可がついに降りた!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    オバマゲートに新事実! 左派シンクタンク「ブルッキングス研究所」が関与!(朝香 …
  5. 人権・民主主義

    韓国検察が最後の意地を見せる! チョ・グク氏を在宅起訴!(朝香 豊)
PAGE TOP