道理

日韓首脳対話は、韓国が周到な準備の上での不意打ち! 撮影も無断だった!(朝香 豊)

韓国大統領府が公表した、安倍総理と文在寅大統領の面談の写真は、韓国側が日本側に無断で撮影、公開していたものだということがわかった。

写真が撮られたのは、ASEANプラス3の首脳会議の開始前の控室で、この控室に入室できるのは各国首脳とその通訳のみのはずだった。

ところが韓国側が公表した写真には、安倍総理、文在寅大統領に加えて、それぞれの通訳を含めた合計4人が全て写っており、撮影した人物は本来この控室に入る資格がない者だったことがわかる。

実際、撮影したのは韓国の鄭義溶国家安全保障室長だった。

安倍総理は控室にいた10人の首脳と順番に握手したが、文在寅大統領は意図的に一番最後を狙い、話を持ちかけたようだ。

日本側は日韓首脳が対話する事前準備をしていなかった。

ゲリラ的に会談に持ち込み、勝手に写真を掲載した韓国政府に対して、日本側が不快感を感じるのは当然の話だ。

「対話の内容も紹介せず、国際的な基準に合うとは思わない」と、韓国の李洛淵首相は日本側を非難してみせたが、国際的な基準に合わない行動をしたのは韓国側だ。

こういう小手先の対応が、結局不信感を高めるだけの結果に終わることがわからないはずもないだろうが、こうでもしないとおさまらないところまで文在寅政権は追い込まれているということなのだろう。

哀れだ。

これの元ネタとなる産経新聞の記事https://www.sankei.com/politics/news/191108/plt1911080003-n2.html
トップ画像も同記事からhttps://www.sankei.com/images/news/191108/plt1911080003-p1.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」だからキリスト像を破壊せよだって? ありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  2. 道理

    医学雑誌「ランセット」は親中国! 「中国に感謝せよ」だって!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ラ…

  3. 道理

    スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リン…

  4. 人権・民主主義

    「台湾と国交を!」ドイツでの請願活動に2万人超が既に署名! (朝香 豊)

    ドイツ国民が連邦議会に「民主国家の台湾と国交を結ぼう」との内容…

  5. 人権・民主主義

    韓国の新聞社で若手記者が反旗を翻す! 朝日も続け!(朝香 豊)

    韓国で政権側の新聞だとみなされていた「ハンギョレ」で事件が起こ…

  6. 道理

    激しい中国の締め付けで、香港のキャセイ航空は経営危機に!(朝香 豊)

    キャセイ航空では、社員の一部が香港デモに参加したが、これに対す…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    チョ・グク氏の義兄が北朝鮮からベトナムへの石炭密輸に関与発覚! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    世界で繰り広げられるマスク争奪戦! 国産の抜本増強のためには大胆な方針転換を!(…
  3. 経済

    EUはブレグジットで不要なイギリスいじめをしている場合ではない!
  4. 安全保障

    新型ウイルスは人に大いに感染しやすい構造!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    世界的権威はパンデミックを想定! 日本政府は大丈夫か?(朝香 豊)
PAGE TOP