安全保障

武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスが中国科学院の武漢ウイルス研究所から流出した疑いが、改めて米国内で注目を集めている。

2018年に駐中米大使館から米国務省に、同研究所でのコロナウイルス研究の安全対策が不十分だとの指摘がなされていたことがわかったためだ。

4月14日にワシントン・ポストがこの件を取り上げ、ウイルス流出説が単なる「陰謀論」ではないことが示された。

北京の米大使館の科学担当の職員らは、2018年1月に武漢ウイルス研究所を複数回にわたり視察した。

この視察の後に、同研究所の安全対策が不十分だとする公電を、職員らは2度にわたり国務省に送っていた。

公電には、「コウモリのコロナウイルスが人に感染し、SARSのような疾病を引き起こす恐れが強いことが、ここでの研究結果で判明した」とか、「大量の汚染菌を扱っている施設であるにもかかわらず、安全に運営するための適切な訓練を受けた技術者らが著しく不足している」との指摘がされている。

今回世界に広がったウイルスと同系統のもの(コウモリのSARS系のコロナウイルス)が、同研究所では研究対象とされていて、その漏洩の危険があることが、2年前にもはっきりと示されていたわけだ。

エスパー国防長官はFOXニュースの番組に出演し、「中国は今も隠している情報がある」と強調し、新型コロナ情報の開示と共有に向け圧力を強めていく意向を表明した。

漏洩説を「陰謀論」だと簡単に片付けないで、その可能性は今後も継続して探っていくべきだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://special.sankei.com/a/international/article/20200416/0003.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    習近平を皮肉ったジョークがニューズウィークに登場! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  2. 安全保障

    パキスタンのインフラ投資で水増し請求発覚! 中国企業!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    リトアニアが中国との経済協力枠組みから離脱! EU対中国を象徴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リト…

  4. 中国

    新型コロナウイルスはどう広がったのか! 大胆推理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  5. 安全保障

    日本国内の感染リスクは意外と小さい! 節度は持っても過剰な心配は無用だ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  6. 中国

    バイデンだけでなくハリスも問題! 民主党正副大統領候補と中国との関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中共体制の崩壊につながるか? 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  2. 外交

    韓国が日本の対韓輸出規制の「不当性」を専門家会合で指摘! 日本はどう反応したのか…
  3. 道理

    “Let’s go Brandon”がトレン…
  4. 未分類

    日本の緊急の課題!少子化対策と地球寒冷化への備え(松尾 利昭)
  5. 安全保障

    沖縄独立運動や憲法9条改正反対運動に中国共産党の工作あり! 仏国防省傘下の研究機…
PAGE TOP