経済

世界経済成長率見通し、IMFはまた引き下げ! 世界の景気減速は隠しようもない!(朝香 豊)

IMF(国際通貨基金)は世界経済見通しを、前回実施の7月の見通しから0.2ポイント引き下げて、3.0%とした。

これはリーマンショック後で最も低い値だ。

IMFの世界成長率見通しの引き下げは昨年10月から5回連続となる。

今回の特徴は、貿易の伸び率について前回見通しの2.5%から1.4ポイント引き下げて1.1%としたこと。

中国経済の急変を受けて、世界経済の厳しさは明らかに高まっている。

ちなみにドイツは、4−6月期にマイナス成長に転落し、7−9月期もマイナス成長ではないかと予測されている。

中国経済が悪化している上に、EU経済も弱体化しているため、外需に頼ってきたドイツ経済には大きな影響が出ている。

日本経済も明らかに内需の支えを必要としている。

大型の補正予算を組むなど、抜本的な財政政策の出動を願いたい。

これのネタ元の産経新聞の記事https://www.sankei.com/economy/news/191015/ecn1910150033-n1.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…

関連記事

  1. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  2. 経済

    ドイツ製造業の見通しが暗い 世界的な経済の変調が影響している

    8月のドイツ製造業の景気指数は43.5で、8ヶ月連続で50…

  3. 経済

    8月の自殺者数が前年同月比15%増! 経済低迷の影響か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今年…

  4. 安全保障

    中国が1月段階ですでに世界中からマスクを買い占めていた! カナダ紙が報道! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  5. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)

    ”China 2049"の著者としても知られる、ハドソン研究所…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    NHKを映らないテレビでもNHKに受信料を支払え! 時代錯誤の最高裁判決!(朝香…
  2. 人権・民主主義

    トランプの不当圧力記事は誤報! ワシントン・ポストが訂正記事!(朝香 豊)
  3. 経済

    対中輸出の大幅減が続いている!(朝香 豊)
  4. 道理

    NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 安全保障

    破綻の縁に追い込まれたキューバ経済! 政権側は体制の危機を認識!(朝香 豊)
PAGE TOP