未分類

トランプなおリードとの調査結果発表! 強気で戦い、勝利を掴め!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリス紙Expressと民主主義研究所(Democracy Institute)との共同調査によると、トランプ大統領のバイデン氏に対するリードは縮まっているものの、なお1%トランプ大統領がリードしていると伝えている。

調査はトランプ大統領がコロナウイルスへの感染がわかる前から始められ、感染がわかった後でも集計されている。

そのため、感染情報がどの程度支持に影響するのかが気になるところだろう。

この点に関して、68%は影響がないと答え、19%がトランプ支持傾向が強まったとし、13%がトランプ支持傾向が弱まったとしているので、大きな変化はないと一応は見なせるのではないかと思う。

民主党・共和党のどちらが勝つかが読みにくいとされる州(swing states)においては、トランプ大統領がバイデン氏を4ポイントリードしている。

これに基づけば、獲得する選挙人の数ではトランプ大統領がバイデン氏に320対218でリードしているということになる。

この両者による共同調査は、前回の大統領選挙とイギリスのEUからの離脱(Brexit)の結果について的中させており、この点で注目される。

ところでこの調査が面白いのは、調査対象を「投票に行きそうな人」(likely voters)に限っており、全有権者を対象としていないところだ。

投票に行かない有権者の考えを聞いても、選挙結果に影響しないだろうという判断があるわけだ。

これが他の調査結果との差を産んでいる一つの要因である。

また同調査は別の面白い実像を明らかにした。

トランプ大統領に対する主流派マスコミのネガティブキャンペーンが激しいために、トランプ支持者であってもそれを素直に表明できる人は少ないというのだ。

なんとトランプ支持者の77%は、友達や家族にそのことを認めることはしないと答えているのである。

罪深いマスコミの実情を間接的に明らかにしたと言えるだろう。

さらにトランプ大統領に投票すると言っている人のうち83%が熱烈な支持者であるのに対して、バイデン氏に投票すると言っている人でバイデン氏の熱烈な支持者は49%に留まっている。

支持者の忠誠度は、トランプ氏とバイデン氏では大差がある。

バイデン氏に関しては、痴呆症になっていることや、ウクライナ・中国・ロシアなどで腐敗していたことが今後明白に示される事態を招いた場合には、支持を急激に落とす可能性もある。

トランプ大統領にはさらなる攻撃を強める中で、最終的に再選を勝ち取ってもらいたいものだ。
 
 

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のExpressの記事
https://www.express.co.uk/news/world/1343305/US-election-poll-donald-trump-coronavirus-covid-joe-biden-exclusive-polling
画像はCNNから(Trump & Biden)
https://dynaimage.cdn.cnn.com/cnn/c_fill,g_auto,w_1200,h_675,ar_16:9/https%3A%2F%2Fcdn.cnn.com%2Fcnnnext%2Fdam%2Fassets%2F200807151226-trump-biden-split.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 未分類

    台湾で観客のいるプロ野球試合が始まる! 新型コロナ克服!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 未分類

    朝日新聞の誤報の訂正が無残! 台風の冠水報道に関して!(朝香 豊)

    今回の台風報道に関して、朝日新聞は「台風19号の大雨で横浜国際…

  3. 未分類

    トランプVSバイデンTV討論会! バイデンは耳のチェックを拒否!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!本日…

  4. 未分類

    トランプがバイデンを完全逆転! 英イクスプレス報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 未分類

    米新最高裁判事は保守派のバレット氏! 大統領選挙は一気にトランプ優位へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!超リ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港デモで、警察スパイが店舗破壊か? 証拠映像! (朝香 豊)
  2. 中国

    「ローマで中国国歌を流して中国に感謝」はやはりフェイク! 伊メディアが報じる!(…
  3. 安全保障

    2022年まで断続的に都市封鎖が必要かも! ハーバード大学の研究結果!(朝香 豊…
  4. 経済

    IMFがGDPの2.3倍に膨れ上がった世界の債務残高を警告!(朝香 豊)
  5. 外交

    韓国 オリンピックなどすべての国際行事で、旭日旗の持ち込みを禁止する国会決議!(…
PAGE TOP