安全保障

新型コロナウイルスは生物兵器として開発された可能性が!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

全米バイオテクノロジー情報センター(NCBI)は、中国の武漢で発生した新型コロナウイルスが、コウモリが保有するSARS系のウイルスの近種であることを確認した。

ゲノム配列を完全に読み取った結果だ。

この情報を受けて、香港のHong Kong Bilingual News(香江日報)は、この新型コロナウイルスが中国政府のバイテロではないのかとの疑いを報じている。

この報道は以下のように説明している。

コウモリのコロナウイルスが人間に感染する可能性はほぼゼロだが、このように感染を引き起こしているわけだから、遺伝子組換えが起こっている。

だが、自然界で起こる遺伝子組み換えがウイルスの外膜のタンパク質に変異が生じないで発生することはまずありえないから、今回のものは人為的であるというのが唯一の説明になる。

コウモリのSARS系のウイルスの”AVP78033.1″と武漢の新型ウイルスの”QHD43418.1″の外膜タンパク質は、全米バイオテクノロジー情報センターのツールを使うと、100%一致している。

武漢にはウイルス研究所があり、数千羽のコウモリから2007年から集めてきたサンプルを使って遺伝子実験を行なってきた。

中国科学アカデミー自身の説明によれば、この研究所はまさしく新型コロナウイルスのような危険な病原体を調査するためのものである。

中国政府は反中国共産党系の民主派の香港市民に対するバイオテロを行うのに、このウイルスを使うことを意図した。

そしてそれはアメリカをはじめとする自由世界を破壊することも意図した。

だが、何か手違いがあって、この新型ウイルスがまだ中国本土にある中で漏れ出し、自分で自分の首を絞めることになった。

アメリカのラトガース大学の分子生物学のリチャード・エルブライト氏は、SARS系のウイルスが何度も北京の同様の施設から漏れ出ていることを指摘している。

なお、2017年に武漢ウイルス研究所のスタッフが、「low G+C contentの、新種のコウモリのアデノウイルスが、アデノウイルスの進化に新たな光を投げかけた」とする論文を発表している。

2019年の研究では、やはり武漢ウイルス研究所のスタッフがコウモリから採取した株の合成に成功し、それをpUC57ベクターに差し込んだとの論文を発表している。

ここまで具体的に示されると、単なる謀略記事とは思えないと感じた。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のHong Kog Bilingual Newsの記事
https://www.hkbnews.net/post/wuhan-coronavirus-bat-sars-like-coronavirus-biological-warfare-launched-by-china-acc-ncbi-usa

画像はDODLIVEのサイトから
https://www.dodlive.mil/2013/11/02/aws-saturday-battling-biological-warfare/
https://science.dodlive.mil/files/2013/11/Caution-Biowarfare.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    反体制派の許章潤教授が行方不明に! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 人権・民主主義

    蔡英文圧勝を中国メディアが酷評! 「汚い小細工」だって(笑)(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 人権・民主主義

    親元から引き離され、「中国化」されるウイグルの子どもたち!(朝香 豊)

    中国共産党は新疆ウイグル自治区から大勢の子供たちを親元から引き…

  4. 安全保障

    米国務省の高官4人が続々韓国入り! 文政権に厳しい要求を突きつける!(朝香 豊)

    米国務省のクラック次官、スティルウェル次官補、ナッパー副次官補…

  5. 安全保障

    北朝鮮、核・ICBM実験の再開を宣言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)
  2. 中国

    新型コロナウイルスの研究公表の統制がばれる! 中国! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)
  4. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. 安全保障

    アップルに入り込んでいた中国人スパイ、ミサイルの機密書類も所持発覚!(朝香 豊)…
PAGE TOP