安全保障

東京オリンピックは中止か? 厳しい見方が広がる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスの感染を許したことで、この夏の日本でのオリンピック・パラリンピックの開催について、厳しい見方が世界的に広がっている。

すでに様々なスポーツイベントが、多くの人が集まるということで、相次いで中止や延期に追い込まれている。

オーストラリア、台湾、タイ、中国で行われることになっていた女子サッカーの代表決定戦が中止になり、南京で行われる予定だった世界室内陸上競技選手権は来年に延期になった。

4月に上海で行われる予定だったF1の中国グランプリも延期が決定した。

東京オリンピック・パラリンピックのテストイベントは種目ごとに別々の日程で行われてきたが、今後の日程で、特にパラリンピック系のイベントでは、外国人の参加は難しいのではないかとの見方が広がっている。

今月末にボッチャという障害者スポーツ競技がテストイベントを行われる予定になっていたが、開催のキャンセルが決まった。

ボッチャには脳性まひや筋ジストロフィーなどの重い障害がある選手が多いため、感染した場合のリスクが健常者と比べて高いという問題があるからだ。

このことは少なくともパラリンピック系のテストイベントは、今後も非常に厳しい環境に置かれることになることを意味する。

公式には、今のところはIOC(国際オリンピック委員会)は東京開催を中止したり延期したりする意向は見せていない。

だがこうした公式見解は、新たな方針が決まるまでは維持されるのが普通だ。

海外の報道をいくつか見てみたが、私が見る限りであるが、中止せよとの明示的な主張はまだ出ていないとは思う。

とはいえ、このままでは開催が危ぶまれるという疑念については、広く報道されている。

新型コロナウイルスに対する日本の対応のグダグダぶりは、いまさら言うまでもないだろう。

さて、ロンドンが東京に代わる代替地として名乗りを挙げた。

5月に市長選挙が行われるが、保守党の候補者の代替開催提案に、労働党の現市長も、事実上同調する意見を表明した。

「ダイヤモンド・プリンセス」がイギリス船籍であることを棚に上げて、何を言っているのかと言いたくなるところもあるが、日本が決然とした対応を取らなかったツケが回ってきているところは認めざるをえない。

豊洲市場の問題で、築地市場跡地に開通予定だった環状2号線が未通となり、首都圏の交通に凄まじい負担がかかることへの懸念があったが、日本のグダグダぶりをこれ以上見せないという点でも、中止になったほうが却ってありがたいという見方もできるかもしれない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となったはニューズウィークの記事
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/02/post-92458_1.php
ネタ元となったはフォックス・ニュースの記事
https://www.foxnews.com/sports/virus-limits-next-tokyo-olympic-test-event-to-japanese-only
ネタ元となったはフィンポストの記事
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story-tokyo2020-corona-london_jp_5e4e2a72c5b630e74c505b0b

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 安全保障

    難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  2. 安全保障

    ウクライナ問題で中国が陥るジレンマ! 「ウイグル」独立の導火線!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウク…

  3. 安全保障

    GoogleはAI開発で中国と共同研究! 軍事部門も手がけている! (朝香 豊)

    Googleは今なお、中国のAI開発に積極的に協力している。…

  4. 安全保障

    気に入らない国民の疑念は無視する河野太郎! 総理を担うには不適格!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!河野…

  5. 安全保障

    バイデン側のキーパーソンが裏切り! バイデン一家はこれで終了!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    GoogleはAI開発で中国と共同研究! 軍事部門も手がけている! (朝香 豊)…
  2. 経済

    日本の出生数90万人割れへ! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港中文大学で警察が2356発の催涙弾を打ち込む! 狙いはネット規制か!(朝香 …
  4. 安全保障

    中国の8割以上の会社のN95マスクの販売を禁止! 米トランプ政権!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    習近平思想の学習アプリに、スマホの管理権限を乗っ取る機能がある!(朝香 豊)
PAGE TOP