経済

過剰な感染対策で、経済を潰すな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスの感染について、楽観につながるようなことは書かないほうがいいのではないかとのご意見をいくつかもらった。

懸念されていることは理解できるが、では過剰に警戒することで経済を潰してもいいのかというのが、私の問題意識だ。

全国でホテル運営を行うリゾートトラストは、年間平均で90%前半程度ある稼働率が、3月前半は30%程度まで下がっている見通しだという。

つまり稼働率は1/3になったということになる。

競争が激化し、客室単価も大幅に下がっていることを考えると、恐らく売上は1/5程度であろう。

3月1~9日の東海道新幹線の乗客は前年同期比56%減少した。

三越伊勢丹では3月前半の売上高が前年同期比で38%減少し、大丸松坂屋でも43%減少した。

街中の飲食店やショップにおいても、売上が5割減ったなんてところはザラだろう。

「3密」から離れているならば、過剰に恐れる必要はないのに、恐怖心が先に立つことによって、危険性がほぼゼロといえる行動すらできなくなっている。

そしてそのことが日本経済を間違いなく破壊している。

もちろん、経済が破壊されているのは日本だけではない。

全世界の経済が破壊されている。

だから輸出に活路を見出すことなどまるでできず、むしろ輸出の急減で国内製造業の被る打撃は半端ないことになる。

政府が経済を救える部分も大きいが、我々が消費活動を行わないと経済は維持できないという当たり前のことを、忘れるべきではない。

正しく行動しても、経済の落ち込みは避けられないが、それでもかなり和らげることができるはずだ。

そして、節度ある行動を取ることによって、経済活動がかなり維持できるということを示していくということは、世界的にも意味あることではないか。

「3密」の場所には近づかないようにしながらも、穏やかに生活を楽しむことはとても大切なことだ。

さて、1997年に消費税が3%から5%まで引き上げられて、それまで2万人台前半だった自殺者は3万人台に跳ね上がった。

アベノミクス登場後は年間3万人台から徐々に減少を続け、昨年は2万人を切るところまで下がった。

経済状態は人間の生死と大いに関わるということは、こういうところからもわかる。

命を大切にしたいなら、経済を止めないことを真っ先に考えるべきではないのか。

これが私の考え方だ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 安全保障

    中共は明天集団を接収! 中国・香港は投資できる場所ではなくなった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!肖建…

  2. 経済

    万国郵便連合からのアメリカの脱退は寸前で回避! (朝香 豊)

    小型国際郵便の料金の設定の仕方がおかしいとし、万国郵便連合から…

  3. 経済

    トランプも、対抗馬の民主党候補も、対中政策のジレンマに陥っている!

    トランプ大統領が中国に仕掛けた貿易戦争が米国経済にもたらす悪影…

  4. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  5. 経済

    全く信用できない中国のGDP統計! 2021年もありえない数字を並べまくる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    感動的な蔡英文総統の演説! 民主主義の大切さを再確認しよう!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香…
  3. 人権・民主主義

    中国政府が李文亮医師への処分を撤回! 家族に謝罪! 中共が弱っている!(朝香 豊…
  4. 経済

    次々外れる温暖化論者の不吉な予測! 恐怖に絡め取られることなく、冷静に見よう!(…
  5. 安全保障

    もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
PAGE TOP