経済

過剰な感染対策で、経済を潰すな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスの感染について、楽観につながるようなことは書かないほうがいいのではないかとのご意見をいくつかもらった。

懸念されていることは理解できるが、では過剰に警戒することで経済を潰してもいいのかというのが、私の問題意識だ。

全国でホテル運営を行うリゾートトラストは、年間平均で90%前半程度ある稼働率が、3月前半は30%程度まで下がっている見通しだという。

つまり稼働率は1/3になったということになる。

競争が激化し、客室単価も大幅に下がっていることを考えると、恐らく売上は1/5程度であろう。

3月1~9日の東海道新幹線の乗客は前年同期比56%減少した。

三越伊勢丹では3月前半の売上高が前年同期比で38%減少し、大丸松坂屋でも43%減少した。

街中の飲食店やショップにおいても、売上が5割減ったなんてところはザラだろう。

「3密」から離れているならば、過剰に恐れる必要はないのに、恐怖心が先に立つことによって、危険性がほぼゼロといえる行動すらできなくなっている。

そしてそのことが日本経済を間違いなく破壊している。

もちろん、経済が破壊されているのは日本だけではない。

全世界の経済が破壊されている。

だから輸出に活路を見出すことなどまるでできず、むしろ輸出の急減で国内製造業の被る打撃は半端ないことになる。

政府が経済を救える部分も大きいが、我々が消費活動を行わないと経済は維持できないという当たり前のことを、忘れるべきではない。

正しく行動しても、経済の落ち込みは避けられないが、それでもかなり和らげることができるはずだ。

そして、節度ある行動を取ることによって、経済活動がかなり維持できるということを示していくということは、世界的にも意味あることではないか。

「3密」の場所には近づかないようにしながらも、穏やかに生活を楽しむことはとても大切なことだ。

さて、1997年に消費税が3%から5%まで引き上げられて、それまで2万人台前半だった自殺者は3万人台に跳ね上がった。

アベノミクス登場後は年間3万人台から徐々に減少を続け、昨年は2万人を切るところまで下がった。

経済状態は人間の生死と大いに関わるということは、こういうところからもわかる。

命を大切にしたいなら、経済を止めないことを真っ先に考えるべきではないのか。

これが私の考え方だ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 経済

    今度はワインを標的! 進む中国のオーストラリアいじめ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 経済

    韓国でのアフリカ豚コレラ発生により、中国は韓国からの豚肉輸入を禁止に! (朝香 豊)

    韓国でアフリカ豚コレラの発生が確認され、中国は韓国からの豚肉の…

  3. 安全保障

    台湾企業への露骨な嫌がらせ! 日本政府は中国政府に筋を通せ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    中国では結婚件数が激減! 無視できない経済的理由!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

  5. 経済

    中国の国策金融機関の社債が大暴落! 崩れる中国経済!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    トランプ報道の92%が否定的! メディア監視団体が調査報告書!(朝香 豊)
  2. 経済

    ドイツの銀行が顧客にマイナス金利を求める事態へ! 日本に飛び火?(朝香 豊)
  3. 経済

    中国、ハイテク分野の研究開発費を大幅増! 日本も負けるな! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    アメリカの要人が相次いで中国を非難! 民主党出身のペロシ下院議長も!(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    43万以上のトランプ票が消えていたことが発覚! ペンシルバニア州!(朝香 豊)
PAGE TOP