未分類

中共系のフェニックステレビのプロパガンダをやめさせる法案準備! アメリカで! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米共和党のテッド・クルーズ上院議員は、中国共産党との関係が近いフェニックステレビ(本社は香港)が、カナダやメキシコを経由して中共のプロパガンダをアメリカに流し込むことを禁止する法案を提案するつもりだと述べた。

アメリカ国外のメキシコやカナダであっても、アメリカ国境に近いところから放送すれば、その放送内容はアメリカ国内に届くことになる。

実際フェニックステレビはメキシコの放送局を買収し、ここを通じて中共のプロパガンダをアメリカに流している。

このことが具体的な問題として提起されたわけだ。

新型コロナウイルスについてのニセ情報を、中国がアメリカ国内に拡散することへの批判が高まる中で、こうした抜け穴があることを塞ぐ必要があることを認識したわけだ。

フェニックステレビには中国政府の支援を受けた企業が資本参加しており、アメリカの情報当局は中共のプロパガンダ放送局だと認定している。

スタンフォード大学にあるフーバー研究所も、フェニックステレビを中国政府に完全にコントロールされている準国営のメディアだとしている。

なお、フェニックステレビのCEOの劉長楽は、中国人民放送の軍事ジャーナリストとして、人民解放軍で勤務したこともある。

さて、同様の問題が日本で発生した場合に、日本ではテッド・クルーズ上院議員のような発想を持てるだろうか。

「他国に設置されている放送局については、その国に管轄権があり、我が国は口出しすることはできない」とか「日本だって、北朝鮮国内の拉致被害者向けに「日本の風」というラジオ放送を国外から流しているではないか」などと言って、野放しにするのではないだろうか。

国益を最優先し、そのために必要だと考えれば、多少の無理は承知の上で乗り越えていくくらいの姿勢を、日本も持つべきではないのか。

中共は自分たちにとって都合の悪い事実を隠蔽し、プロパガンダを広げるための情報戦を展開するために、毎年莫大な資金を惜しみなく投じて放送局を買収している。

これにどう対抗していくのかというのを、リアリズムの見地から考え、多少の無理があったところで、適切な対抗策を講じるという態度を、日本政府にも持ってもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のFox Newsの記事
https://www.foxnews.com/media/ted-cruz-legislation-chinese-propaganda

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 未分類

    日本では集団免疫ができている! 上久保教授の説の解説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 未分類

    米新最高裁判事は保守派のバレット氏! 大統領選挙は一気にトランプ優位へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!超リ…

  3. 未分類

    蔡英文総統が二期目の就任式! おめでとう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!蔡総…

  4. 未分類

    山谷えり子氏が日本学術会議問題を取り上げる! 参議院内閣委員会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!参議…

  5. 未分類

    台湾で観客のいるプロ野球試合が始まる! 新型コロナ克服!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 経済

    FRBもデジタル通貨発行に向けて動き出す! 日本も研究を加速せよ!(朝香 豊)
  3. 経済

    韓国の現代自動車でも労使間の紛糾が発生!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    Twitterが「暴力美化」とレッテル貼り! 激しく怒るトランプ大統領!(朝香 …
  5. 未分類

    トランプがバイデンを完全逆転! 英イクスプレス報道!(朝香 豊)
PAGE TOP