人権・民主主義

「国境の壁が犯罪を抑止する」がヘイトだって? ツイッターの検閲をFOXが報道!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの税関国境警備局の局長であるマーク・モーガン氏が、国境の壁が「ギャングのメンバー、殺人犯、性的虐待者、麻薬」のアメリカへの流入を阻止するのに役立つとツイートしたところ、このツイートがヘイトだとして、彼のアカウントが一時的に停止された。

これに対してモーガン氏は、ツイッター社は「反アメリカ的だ」と非難した。

ところで、ツイッター社のジャック・ドーシーCEOは、先日呼ばれた上院の公聴会で、イランの最高指導者ハメネイ師が「イスラエルに死を」と求めるツイートがヘイトの規則違反には当たらないという見解を示していた。

モーガン氏はこうしたハメネイ師のツイートはヘイトには当たらないとしつつ、モーガン氏のツイートはヘイトに当たると考えるツイッター社の見解を馬鹿げていると一蹴した。

ツイッター社の主張を認めれば、ツイッター社が何を発言してよいのか、いけないのかを決める裁判官となり、陪審員となり、処刑人となることを許すことになる。

本来投稿者が思い思いに綴る言論を載せて交流の機会を用意するだけの、単なるプラットフォーム企業であるはずのツイッター社に、どうしてそんな権限が付与されるのか。

国境管理の仕事をやる中でモーガン氏がプロとして判断したことは「ヘイト」に当たるのか。

そんなことを決めつけて削除する権限がどうしてツイッター社にあるのか。

モーガン氏がフォックス・ニュースに登場して怒りを表明したのは、当然である。


 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のFOX NEWSの記事
https://www.foxnews.com/media/twitter-suspend-immigration-border-ceo-mark-morgan
FOX NEWSからの引用画像(マーク・モーガン氏)
https://cf-images.us-east-1.prod.boltdns.net/v1/static/694940094001/d92f23cd-9652-45a8-8184-61b8f53affda/7656452b-4c03-4935-b033-98eda2679b25/1280×720/match/image.jpg
CNBCからの引用画像(ジャック・ドーシー氏)
https://image.cnbcfm.com/api/v1/image/105621765-1544564750403gettyimages-826429944.jpeg?v=1594395340
YouTubeのサムネイルからの引用画像(FOXニュースに登場するマーク・モーガン氏)
https://i.ytimg.com/vi/DksTjiSknpo/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港中文大学で警察が2356発の催涙弾を打ち込む! 狙いはネット規制か!(朝香 豊)

    香港の東大とも呼ばれることもある香港中文大学に、12日の夜に香…

  2. 人権・民主主義

    トランプ弾劾へ! 広がる魔女裁判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 人権・民主主義

    銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  4. 人権・民主主義

    「慰安婦は売春の一種」と述べた延世大学の柳教授の講座は停止扱いに! (朝香 豊)

    韓国の延世大学の柳錫春教授は、「売春は古い産業であり、多くの国…

  5. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 豊)

    イラン政府が高まる反政府デモを抑えるためにインターネット通信を…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国に5Gの市民監視用のロボット警官が登場! 中国の監視社会化はどこまで進むのか…
  2. 道理

    トランプとバイデンの支持率は事実上逆転! 米大統領選挙!(朝香 豊)
  3. Featured Video Play Icon

    道理

    やっちまった〜! 原田環境相の「処理水の海洋放出しかない」発言を、小泉新環境相が…
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスで渡航制限の拡大を検討! トランプ大統領!(朝香 豊)
  5. 経済

    COP25での日本非難に迎合するな! 日本ほどの環境先進国はない!(朝香 豊)
PAGE TOP