人権・民主主義

北京大学との共同学位プログラム計画を否決! コーネル大学教授会!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのコーネル大学では、コーネル大学と北京大学の共同学位プログラム計画が持ち上がっていたが、学生会に続き教授会(Faculty Senate)においても、これが否決された。

コーネル大学がこの計画を実現すると中国側から100万ドル受け取れることになっていたが、中国が国内で進めているウイグルなどでの人権侵害やキリスト教の迫害のことを考えた場合、またアメリカの学術界に中国が影響力を広げていることに米国務省が警告を発している中では、中国の国立大学とパートナーシップを結ぶことは適切ではないと判断した。最終的には学長の判断に委ねられることになるようだが、アメリカの国内の空気感からして、同プログラムについて否定する可能性が高いと思われる。

コーネル大学はアイビーリーグと呼ばれる名門大学のうちの1つであり、全米の大学に対して与える影響は大きい。コーネル大学は今回の共同学位プログラム計画以外にも中国の大学との様々な関係があるわけだが、これらの見直しも迫られることになりそうだ。

全米の大学に同様の流れが生まれる道筋ができたといえるだろう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

cornellsun.comの記事
https://cornellsun.com/2021/04/02/faculty-senate-opposes-proposed-partnership-with-peking-university/
www.thecornellreview.orgの記事
https://www.thecornellreview.org/concerns-raised-as-cornell-considers-dual-degree-program-with-chinas-peking-university/
コーネル大学の画像
https://www.insidehighered.com/sites/default/server_files/media/iStock-1173931990.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…

関連記事

  1. 安全保障

    中国の統計は信用ならない! あのイランも言い出す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  2. 安全保障

    具体的政策のない、河野氏の「主張と政策」! イメージ路線を許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!河野…

  3. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    ツイッターが危険! 中華系のLi氏が取締役に就任!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  5. 人権・民主主義

    保守系ニュースは検索しても表示させない! Google!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 人権・民主主義

    「慰安婦ビジネス」が明らかになった尹美香氏! 反日活動に大打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元慰…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    政府の対応は破綻! 究極の選択でものごとを考えるべき時だ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    米議事堂が大混乱! アンティファとBLMにやられる!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    なぜ防衛省は北の「飛翔体」について独自情報に基づいた発表を行わないのか?
  4. 安全保障

    バイデンと習近平の深い関係! 「万向グループ」も関与!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
PAGE TOP