外交

ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

カナダのバンクーバーで開かれた、ファーウェイの孟晩舟被告の裁判で、裁判所前では複数の若い白人女性が孟晩舟被告を支持するメッセージを掲げていた。

そのなかの一人を取材したニュース1130という番組によると、この女性は、ファーウェイが知的財産盗用を行なっていて、イラン制裁に違反して銀行詐欺を働いたことや、孟晩舟被告をカナダが拘束したことへの「報復」として、中国共産党政権が1年前からカナダの元外交官やジャーナリストを拘束している事情などを知らなかった。

女性たちは約2時間、用意されたメッセージボードを掲げて最高裁判所の前に立つだけで、150カナダドル(約1万2000円)の報酬を受け取る「短期バイト」で、時間交代制だった。

中国共産党政権は、共産党にとって好ましい世論形成のために資金を使い、親政府デモの動員や、反体制派の活動の妨害をしていることが確認されている。

こういう汚い手を日本側が真似る必要は全くないが、プロパガンダ戦を少しでも有利に働かせられるように、彼らが徹底的に計算して、やれるだけのことをやっているというところは、大いに学ぶべきである。

プロパガンダ戦にどうやって勝つかという視点から、自国の主張をどう組み立てるべきか、どうやってその主張を浸透させるべきかを真剣に考えるべきなのに、そういうことをほとんどしていないのが日本の体たらくだ。

品はないといけないが、「お上品」である必要はない。

肚の中には短刀を忍ばせているかのような凄みや覚悟を持ちつつ、品格を失わない姿勢で外交交渉を行うべきではないだろうか。

この話を中国の習近平国家主席の国賓来日に当てはめるなら、日本側の示した4条件を本気で認めて行動によって示さないなら、国賓は絶対に認めない、この点では妥協の余地は一切ないという姿勢を、中国政府に真剣に示すべきだということになるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50944.html
画像はツイッターの記事から
https://twitter.com/hashtag/mengwanzhou
https://pbs.twimg.com/media/EOvaDrUU8AItdDK.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    国際人権団体代表、香港入りを拒否される! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際…

  2. 中国

    TikTokに数多くの脆弱性が見つかる! 個人情報流出の恐れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!サイ…

  3. 安全保障

    人から人への感染は12月半ばにわかっていた! 武漢発肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!12…

  4. 安全保障

    看過できない鳩山由紀夫の発言! 外患誘致罪も考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!鳩山…

  5. 経済

    やっぱりね! 国産大型ジェット機開発に、中国は国家ぐるみで組織的なハッキング!(朝香 豊)

    アメリカのサイバーセキュリティ企業「クラウドストライク」は、中…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    暗号機製造メーカーを米独情報機関が秘密裏に運営 ! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 韓国・北朝鮮

    後継者は金与正氏! 金正恩氏が指名か?(朝香 豊)
  4. 安全保障

    米台間の「太平洋対話」が初開催! アメリカは台湾支援を強化!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    日米首脳会談は一応評価! ただ、対中政策面では不満!(朝香 豊)
PAGE TOP