外交

ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

カナダのバンクーバーで開かれた、ファーウェイの孟晩舟被告の裁判で、裁判所前では複数の若い白人女性が孟晩舟被告を支持するメッセージを掲げていた。

そのなかの一人を取材したニュース1130という番組によると、この女性は、ファーウェイが知的財産盗用を行なっていて、イラン制裁に違反して銀行詐欺を働いたことや、孟晩舟被告をカナダが拘束したことへの「報復」として、中国共産党政権が1年前からカナダの元外交官やジャーナリストを拘束している事情などを知らなかった。

女性たちは約2時間、用意されたメッセージボードを掲げて最高裁判所の前に立つだけで、150カナダドル(約1万2000円)の報酬を受け取る「短期バイト」で、時間交代制だった。

中国共産党政権は、共産党にとって好ましい世論形成のために資金を使い、親政府デモの動員や、反体制派の活動の妨害をしていることが確認されている。

こういう汚い手を日本側が真似る必要は全くないが、プロパガンダ戦を少しでも有利に働かせられるように、彼らが徹底的に計算して、やれるだけのことをやっているというところは、大いに学ぶべきである。

プロパガンダ戦にどうやって勝つかという視点から、自国の主張をどう組み立てるべきか、どうやってその主張を浸透させるべきかを真剣に考えるべきなのに、そういうことをほとんどしていないのが日本の体たらくだ。

品はないといけないが、「お上品」である必要はない。

肚の中には短刀を忍ばせているかのような凄みや覚悟を持ちつつ、品格を失わない姿勢で外交交渉を行うべきではないだろうか。

この話を中国の習近平国家主席の国賓来日に当てはめるなら、日本側の示した4条件を本気で認めて行動によって示さないなら、国賓は絶対に認めない、この点では妥協の余地は一切ないという姿勢を、中国政府に真剣に示すべきだということになるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50944.html
画像はツイッターの記事から
https://twitter.com/hashtag/mengwanzhou
https://pbs.twimg.com/media/EOvaDrUU8AItdDK.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  5. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…

関連記事

  1. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 中国

    中国で相次ぐ天変地異! 火山の爆発もある?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!この…

  3. 安全保障

    ついにドイツが対アジア外交を転換! 中国と距離を取る方針へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  4. 中国

    「スペイン風邪」も中国起源か? 有力説あり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ス…

  5. 人権・民主主義

    蔡英文総統、中国による台湾への浸透を阻止する法案の審議を要請!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  6. 安全保障

    香港の自由と民主主義の死! 菅政権は対中政策の転換を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!全国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    米大学生がTikTokを集団提訴! 個人情報を中国に転送で!(朝香 豊)
  2. 経済

    日本のイカ釣り船の廃業相次ぐ! 北朝鮮などによる違法操業が影響!(朝香 豊)
  3. 未分類

    中国が新型コロナウイルスの調査団から、アメリカを排除! バレたくないものは?(朝…
  4. 安全保障

    外国からのパクリで強大化した中国! したたかなその戦略を甘く見るな!(朝香 豊)…
  5. 韓国・北朝鮮

    慰安婦報道の植村隆氏が韓国でジャーナリズム賞を受賞!(朝香 豊)
PAGE TOP