外交

文在寅政権が決めた駐米韓国大使の承認が異例の遅れ! アメリカ側はこのまま拒否か?(朝香 豊)

韓国の次期駐米大使に内定した李秀赫議員に対して、すでに内定後56日も経過しているのに、アメリカ政府はその受け入れを承認していない。

日韓間のGSOMIA破棄を韓国が決めたことに対するアメリカの反発ではないかとの見方が韓国では起こっている。

その可能性もあるだろうが、そもそも文在寅政権が選ぶ人物に対して警戒感を持ち、審査を慎重に進めている可能性もある。

現在チョ・グク疑惑で揺れている文在寅政権に対するダメージが最も大きくなるタイミングを待って、アメリカは新任大使の拒否を通告するつもりなのかもしれない。

あるいは在韓米軍駐留経費の大幅引き上げに関して決着がつくまで、保留にしようということなのかもしれない。

いずれにせよ、米韓関係がうまくいっていない状態を如実に示している。

これに関連する中央日報の記事https://japanese.joins.com/JArticle/258316?servcode=100&sectcode=120

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  2. 外交

    文在寅大統領、北朝鮮開発銀行の推進をASEANに求める方針!(朝香 豊)

    ASEAN特別首脳会議が来月釜山で開催される。この会議…

  3. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

    尖閣諸島に侵入している中国公船とは、中国の人民解放軍の指揮下に…

  5. 外交

    NATOは「脳死状態」だと、仏マクロン大統領!(朝香 豊)

    フランスのマクロン大統領は、NATOの現状について、米国の無関…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    軍艦島の説明に強制労働をきちんと入れろ! ユネスコが決議採択!(朝香 豊)
  2. 経済

    ビジネスマンは意外と脱中国化に賛成している! 日経新聞のアンケート結果!(朝香 …
  3. 人権・民主主義

    キャリー・ラム行政長官、辞任されてはいかがですか?
  4. 人権・民主主義

    ロシアも武漢からの国民の退避を中国政府と相談! 日本はまだ?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)
PAGE TOP