人権・民主主義

黒人犯殺害で、アトランタ警察署長辞任! 「黒人の命」より「警察解体」!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アトランタである黒人が警官が所持するスタンガンを奪って逃走した。

黒人がこの警官にこのスタンガンを向けてきたので、警官は拳銃で対抗した。

どうやら撃ちところが悪く、この黒人は死亡した。

この「不祥事」の責任をとって、アトランタの警察署長が辞任した。

アトランタ警察が改革の見本となることを願ってとのことだそうだが、ありえない話だろう。

この黒人はウェンディーズのドライブスルーで車の中で寝てしまったようだ。

それで警察に通報され、アルコール検査を受けさせられた。

アウトの判定が出た後で逮捕しようとしたら、暴れて逃げたわけだ。

本来ならこの経緯を丁寧に伝えさえすれば、警官に大きな非がなく、いたずらに黒人の命を軽視したものとは言えないのも明らかだろう。

だが、今の異常な空気感では、そうした道理が通らず、警察署長が辞任をしなければならなくなったりする。

そしてここにこの運動の真の狙いがある。

暴動を起こしても、治安維持のために警察などがその実力を存分に使うことができないようにするということであろう。

左派は資本主義体制の国家権力が悪の根源だと考えていて、警察や軍隊の弱体化が彼らにとっての善だと思っている。

彼らがそう考えるのは、資本主義体制は資本家が支配する社会であり、資本家の利益を擁護するためのものだと捉えているからだ。

建前としての平等を押し出すことによって、結果としての不平等を覆い隠している邪悪な体制が資本主義なのであり、結果としての平等を実現するためには、資本主義は不適切な制度であるとの認識が、彼らの中にあるわけだ。

かれらにとって「黒人の命」は実は大切なものなのではなく、警察の力を弱めるための「ネタ」にすぎない。

だからこの運動を、「警察解体」の方向に持っていこうとし、その方向で国民を煽ることになる。

この流れに迎合するのが正しいのか、毅然と立ち向かうのが正しいのかは、明らかだろう。

私がこの動きが当面はトランプ大統領に対する逆風となっていても、最終的にはトランプ大統領を支持する流れにつながると思っているのは、まさにこの点にある。

この構図に最終的に気付かないほど、アメリカ国民は愚かではないだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNPRの記事
https://www.npr.org/sections/live-updates-protests-for-racial-justice/2020/06/13/876635081/atlanta-police-chief-resigns-after-police-shoot-and-kill-black-man
画像も同記事から
https://media.npr.org/assets/img/2020/06/13/gettyimages-1091593868_wide-199500ee2611eba2b2487c610712cd43c5e35fa2-s800-c85.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    不法移民を直ちに解放せよ! バイデン政権が指示!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フォ…

  2. 道理

    朝日新聞が旭日旗を否定する社説を掲載! 自社の社旗はどうするの?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!朝日…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ニューヨーク市は医療崩壊! 防護服なく、看護師死亡!(朝香 豊)
  2. 経済

    米「ブラックフライデー」のセールは商品不足! 割引率も大きくなく、消費者から不満…
  3. 安全保障

    BHRパートナーズをめぐる疑惑! ハンターのビジネスの闇!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    スクープ! ウクライナ機の撃墜を、イランのトップはやはり最初から知っていた!(朝…
  5. 道理

    WHOの会計を精査せよ! 不都合な真実! (朝香 豊)
PAGE TOP