中国

新型コロナウイルスの研究公表の統制がばれる! 中国! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国は新型コロナウイルスの起源を探る科学研究の公表について、制約を課していることが明らかになった。

これと関わるすべての科学論文は、中央政府の承認を取らないと、公表が許されないのだ。

この通達が中国の2つの大学のウェブページでアップされていたが、これが後になってともに削除された。

この話を裏付けるように、すでに2月の段階で自由な公表はできなかったと、中国本土の研究者と合同調査を行った香港の研究者が述べた。

新型コロナウイルスに関する学術論文は、中国から発表されてきたものが多く、日本の医療関係者も中国発の論文を根拠に、このウイルスにはどのような性質があるのかを考えてきた。

1月段階では「人から人への感染は例外的だ」とか、「症状のない人からの感染はほぼない」とする中国の見方を支持するような医学専門家も多かった。

中国発の歪んだ情報によって、我が国や世界の医療対応がミスリードされたことは、疑う余地はないだろう。

さて、最近はこうした習近平体制にとって不都合な情報が漏れ出すことが、よく見られるようになった。

習近平総書記を失脚させる流れが徐々に固まってきたということではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のCNNの記事
https://edition.cnn.com/2020/04/12/asia/china-coronavirus-research-restrictions-intl-hnk/index.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 安全保障

    フランクフルトのCIAのサーバを巡って銃撃戦! 6人が死亡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!マキ…

  2. 道理

    本当に「外交的ボイコット」?! 踏み込みがまだまだ足りない岸田内閣!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!岸田…

  3. 経済

    中国の国有企業がまたデフォルト! 青海省投資集団、利払いできず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    習近平は世界経済も崩壊させる! 笑ってはいられない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 道理

    毛沢東は台湾独立を支持していた! これはプロパガンダ戦に利用すべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!かつ…

  6. 中国

    中国で再び封鎖処置が相次ぐ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米連邦最高裁はテキサス州提起の訴訟は却下! 残念!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. 人権・民主主義

    でっちあげ「スティール文書」の情報提供者逮捕! 窮地に追い詰められる民主党!(朝…
  4. 未分類

    反岸田を主眼にする二階派の動き! 最後は高市総裁誕生へ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    トランプ派には献金停止! 米財界に動き広がる!(朝香 豊)
PAGE TOP