中国

新型コロナウイルスの研究公表の統制がばれる! 中国! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国は新型コロナウイルスの起源を探る科学研究の公表について、制約を課していることが明らかになった。

これと関わるすべての科学論文は、中央政府の承認を取らないと、公表が許されないのだ。

この通達が中国の2つの大学のウェブページでアップされていたが、これが後になってともに削除された。

この話を裏付けるように、すでに2月の段階で自由な公表はできなかったと、中国本土の研究者と合同調査を行った香港の研究者が述べた。

新型コロナウイルスに関する学術論文は、中国から発表されてきたものが多く、日本の医療関係者も中国発の論文を根拠に、このウイルスにはどのような性質があるのかを考えてきた。

1月段階では「人から人への感染は例外的だ」とか、「症状のない人からの感染はほぼない」とする中国の見方を支持するような医学専門家も多かった。

中国発の歪んだ情報によって、我が国や世界の医療対応がミスリードされたことは、疑う余地はないだろう。

さて、最近はこうした習近平体制にとって不都合な情報が漏れ出すことが、よく見られるようになった。

習近平総書記を失脚させる流れが徐々に固まってきたということではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のCNNの記事
https://edition.cnn.com/2020/04/12/asia/china-coronavirus-research-restrictions-intl-hnk/index.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 経済

    HSBC銀行に「国家安全法」への支持を脅す! 中国政府!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 中国

    新型コロナウィルスは生物兵器として開発された可能性が!(続編)(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 安全保障

    習近平は資本主義に対する勝利を目指している! 財界人は目を覚ませ!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 人権・民主主義

    総理、新型肺炎で現地の日本人希望者を全員帰国させる方針!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    アメリカが中国共産党機関紙「環球時報」の幹部の入国ビザ却下! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国共産…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国の親北団体、「ハリス大使斬首コンテスト」を予告! 米大使館の前で!(朝香 豊…
  2. 経済

    対中輸出の大幅減が続いている!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    許しがたい西村宮内庁長官発言! それを政治的に利用しようとする立民の安住氏もサイ…
  5. 未分類

    朝日新聞の誤報の訂正が無残! 台風の冠水報道に関して!(朝香 豊)
PAGE TOP