人権・民主主義

殺害した警官は逮捕されたのか? 議事堂襲撃の謎!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

実は前から気になっていることがある。

1月6日に起こった議事堂襲撃に際して、元空軍の退役軍人のアシュリ・バビットさんが警官の銃に撃たれて亡くなったとされる。当然内部の調査では、どの警官がバビットさんを撃ったのかは当然解明されていて、処分も行われていないとおかしい。だが、未だに警官の名前すら公開されていないのだ。

BLM運動では、常に殺害に関わったとされる警官の名前は即座に公表され、大抵の場合には懲戒免職になり、殺人罪で告訴されたはずだ。なぜ今回の事件ではそういう形にはなっていないのか。

今回の銃撃シーンに関して、今までになくわかりやすい映像が動画サイトのRumbleに上がっているのを見つけた。これを見れば、今回の発砲が本来撃つ必要のない完全に過剰な対処であることがはっきりとわかる。厳重にバリケートが築かれた扉の向こう側から撃っており、「警官」側には切迫した危険などまるでなく、全然撃つ必要が感じられないのだ。しかも至近距離で、意図的に殺人を狙っていたとしか思えない。

そして撃った人間が警官なのかどうかも怪しい。というか、服装を見る限りは警官には全く見えない。

この疑惑は曖昧にしないで解明すべきだろう。

動画はこのブログ記事の下の方に貼っておく。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アシュリ・バッビットさんの画像
https://external-content.duckduckgo.com/iu/?u=https%3A%2F%2Fnypost.com%2Fwp-content%2Fuploads%2Fsites%2F2%2F2021%2F01%2Fashli-babbitt.jpg%3Fquality%3D90%26strip%3Dall%26w%3D1024&f=1&nofb=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 道理

    韓国検察の反撃! チョグク法相の弟の逮捕状請求!(朝香 豊)

    ソウル中央地検はチョ・グク法相の家族が運営してきた学校法人を巡…

  2. 安全保障

    マイクロ波兵器の攻撃による脳の損傷か! 米外交官ら深刻被害!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!キュ…

  3. 人権・民主主義

    香港の影響か! ロシア社会でデモ参加者を弾圧する政権批判が急速に広がる!(朝香 豊)

    モスクワ市議会選挙では、反体制派の立候補が妨害されるという事態…

  4. 人権・民主主義

    韓国政府が米韓同盟破棄を示唆! しかも駐米大使!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  5. 安全保障

    やはり毒は盛られていた! ロシア反体制指導者ナワリヌイ氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 人権・民主主義

    ジョシュ・ホーリー議員への献金急増! アメリカの民主主義の底力!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米上…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    トランプ政権は中共解体計画策定! スティーブ・バノン氏!(朝香 豊)
  2. 経済

    出生率が0.92まで低下! 大丈夫か、韓国!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港の覆面禁止条例の違憲判断に、中国全人代報道官が大反発!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国で6歳男児がわずか2週間待ちで肺移植! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国で記者に新基準! 習近平思想の堅持とネットでの世論誘導を求める!(朝香 豊)…
PAGE TOP