人権・民主主義

殺害した警官は逮捕されたのか? 議事堂襲撃の謎!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

実は前から気になっていることがある。

1月6日に起こった議事堂襲撃に際して、元空軍の退役軍人のアシュリ・バビットさんが警官の銃に撃たれて亡くなったとされる。当然内部の調査では、どの警官がバビットさんを撃ったのかは当然解明されていて、処分も行われていないとおかしい。だが、未だに警官の名前すら公開されていないのだ。

BLM運動では、常に殺害に関わったとされる警官の名前は即座に公表され、大抵の場合には懲戒免職になり、殺人罪で告訴されたはずだ。なぜ今回の事件ではそういう形にはなっていないのか。

今回の銃撃シーンに関して、今までになくわかりやすい映像が動画サイトのRumbleに上がっているのを見つけた。これを見れば、今回の発砲が本来撃つ必要のない完全に過剰な対処であることがはっきりとわかる。厳重にバリケートが築かれた扉の向こう側から撃っており、「警官」側には切迫した危険などまるでなく、全然撃つ必要が感じられないのだ。しかも至近距離で、意図的に殺人を狙っていたとしか思えない。

そして撃った人間が警官なのかどうかも怪しい。というか、服装を見る限りは警官には全く見えない。

この疑惑は曖昧にしないで解明すべきだろう。

動画はこのブログ記事の下の方に貼っておく。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アシュリ・バッビットさんの画像
https://external-content.duckduckgo.com/iu/?u=https%3A%2F%2Fnypost.com%2Fwp-content%2Fuploads%2Fsites%2F2%2F2021%2F01%2Fashli-babbitt.jpg%3Fquality%3D90%26strip%3Dall%26w%3D1024&f=1&nofb=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 道理

    習近平国賓来日に賛成! 総理の芽を自ら潰した石破茂! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    日本は国内のアウトブレイクに備える段階! フェーズを変えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 人権・民主主義

    3万のトランプ票が削除、1.2万票がバイデンへ! ジョージア州で発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

  5. 人権・民主主義

    中国の大学憲章から「思想の自由」が消える! 学生が抵抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海の復…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. 道理

    朝日新聞系のwithnewsが「日本死ね!」の称賛記事を掲載! 事実に基づかない…
  3. 安全保障

    量子コンピュータでも読み解けない電子カルテ保管、日本で実験成功! 世界初!(朝香…
  4. 道理

    スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊…
  5. 経済

    中国、ハイテク分野の研究開発費を大幅増! 日本も負けるな! (朝香 豊)
PAGE TOP