安全保障

米バイデン政権が備蓄した石油の放出を要請! 自らの責任は棚上げはおかしい!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

世界的な原油の高騰が続く中、アメリカのバイデン政権が、各国で協調して価格を引き下げるため、日本、韓国、インド、中国に石油備蓄の放出を検討するよう要請したことが報じられた。

各国が協調して石油の供給量を増やすことで、価格の引き下げにつなげようということのようだが、これがうまくいくだろうか。

そもそも今日の原油価格の上昇には、バイデン政権の失政が大きく影響していることを見落とすべきではない。バイデン政権はトランプ政権が推し進めていたシェールオイル開発に対して環境問題を理由に大きな制約を加えた。この結果、アメリカの石油生産は2割弱低減することになった。この結果、アメリカは石油を100%自給した上で輸出もできる国から、一部の石油を再び輸入しなければならない国になった。これは世界の石油供給に大きな影響を与えている。ちなみに現在世界最大の産油国はアメリカであることを忘れてはならない。

バイデン政権はさらに、カナダの油田とアメリカ南部の製油所を結ぶキーストーンXLと呼ばれるパイプラインのプロジェクトも中止した。さらに「ライン5」と呼ばれるカナダ西部とミシガン州・ウィスコンシン州などを結ぶ既存のパイプラインの停止にも動いている。(停止するかどうかは現在係争中)

このように「グリーンニューディール」政策によって、化石燃料を忌み嫌う動きを一気に強化したことが、アメリカの石油価格の上昇に大きく関係しているのは間違いない。

そもそも化石燃料への投資を許さないような流れができている中では、化石燃料の増産がままならないのは当たり前ではないだろうか。そしてジョン・ケリー元国務長官を気候変動特使に任命してこの流れを世界政治の舞台で一気に強化する流れを作ったのもバイデン政権である。その意味ではまさに自業自得と言わざるをえない。

自らの失政を棚に上げて、一時的に備蓄している石油を放出したところで、その効果は放出している短い期間でしか有効ではない。長期的な根本解決にはつながらないのである。

さらに言えば、石油の備蓄はいざという時のためのものである。日本には90日分の保管があり、諸外国に比してかなり多いとされているが、いざ石油が入ってこないという事態が発生した場合への備えとしては心もとないものがある。今回の価格変動が一時的な理由によって生じているだけであると考えられるならば、高値になっている時期を利用して安値で購入した石油を部分的に放出するのは意味はあるが、今回はそうではない。化石燃料への新規投資をなかなか認めようとしない現状の構造の中では、石油は上値に貼り付く公算が大きいと言わざるをえない。その状況下で備蓄した石油の放出を行うことにはためらいを感じるのは普通のことだろう。

バイデン政権としては来年の中間選挙で民主党が大敗するのを少しでも食い止めるために焦っているのであろうが、これに付き合わされたのでは我が国としてはいい迷惑である。こんな状況でもアメリカに付き合わざるをえないのは悲しい現実である。

バイデン政権はまた、国内の石油関連企業が不正にガソリン価格をつり上げていないか、調査を進めるよう関係機関に指示した。ここにも自らの失敗を棚に上げて、原因を外部に求める姿勢が隠れている。OPEC(石油輸出国機構)やロシアが石油の増産をしないことも非難しているが、自国での減産を棚に上げてのこの非難は当を得たものとは言えないだろう。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

バイデン政権の支持率はすでに末期的! この中でCO2削減のためにさらなる怒りを引き起こす可能性!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7017

米企業のファーウェイへの技術・製品輸出を認める! 改めて示したバイデン政権の親中ぶり!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6952

“Let’s go Brandon”がトレンド入り! 背景にあるバイデン大統領への批判!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6894

米軍がタリバンに残した武器類は総額10兆円近く! バイデンは意図的にやっている?(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6722

バイデンの対中投資禁止は食わせもの! 実質は制裁の骨抜き!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6376

nhk.or.jpの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211118/k10013352371000.html
バイデン大統領の画像
https://storage.googleapis.com/afs-prod/media/95578833e9894474be84b2997e0fd073/400.jpeg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 安全保障

    釜山市は「慶祝・中華人民共和国建国70周年」の横断幕を許可! (朝香 豊)

    釜山市は3箇所の歩道橋に、韓中友好親善協会が申請した「慶祝・中…

  2. 道理

    持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ゴー…

  3. 人権・民主主義

    韓国検察が文在寅に叛旗を翻す! チョ・グク法相の親族を逮捕へ! (朝香豊)

    韓国のソウル中央地検はチョ・グク法相をめぐる不透明な投資疑惑に…

  4. 安全保障

    近づく台湾有事! 日本の防衛力強化は待ったなし!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 道理

    ブラジル大統領の息子(下院議員)が中国を非難! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊…
  2. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    バイデンの対中投資禁止は食わせもの! 実質は制裁の骨抜き!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    サムスン、中国検索大手の百度向けAI半導体量産へ! アメリカはどう出る?(朝香 …
PAGE TOP